FC2ブログ
花火を撮る
晴海-40P 02tc


               熱海-016P 95c


                         晴海-38P 02tc


                            
花火は写真を撮る者にとって一度は試みてみたい被写体です。しかし、見た目に綺麗なものは試してみると意外に難しいものです。

花火はもともと綺麗なものですから綺麗に撮れて当たり前です。それではと言うので、人と違う写真を撮ろうとしても、撮影する場所は限定され、花火は一定の場所に打ち上げられるので、撮影条件はほぼ決まって仕舞います。

それに花火は動くものですから、その動きに合わせてタイミングを計ることが大事です。打ち上げのポイントや頻度を予想して、遅れることなくシャッターを切らねばなりません。

花火の写真は、多重露光で撮ると、一コマのフィルムに多くの花火を収めることが出来ます。シャッターの開放時間を長くすることで花火が流れる様を収めることも出来ます。花火が打ち上げられるポイントを想定して色々試しながら撮っています。

日本では花火は夏のものです。夏には、江戸時代の頃から隅田川で、玉屋!鍵屋!のかけ声で、賑やかな花火打ち上げが行われたそうです。今のように一日でいっぺんに打ち上げずに、毎日少しずつ上げていた、と言います。

今は、夏になると日本の各地で花火大会があります。歴史のある隅田川の花火は7月最後の土曜日です。夏の終わりに花火の全国大会が秋田県大曲で開催されます。日本最大の花火大会と言われます。

また、所により冬でも花火が打ち上げられます。写真を撮るには夏よりも冬の方が好都合です。空気が澄んでいるので夏よりも鮮やかに撮れます。

綺麗だなと思った花火の写真を掲載しました。
(以上)
スポンサーサイト



【2007/07/30 07:51】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マーティン・パー写真展 写真の原点へ | ホーム | 報道写真の読み方>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/98-c31a30cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |