FC2ブログ
デザインとエントロピー増大の法則

デザインという言葉の日本語訳は何か?
ある人は「意匠」だと言い、別の人は「設計」だと言いました。また第三の人はデザインは日本語だから翻訳する必要はないと言いました。

しかしデザインの訳語を考えることは、デザインの本質を考えることに通じます。「意匠」は外観であり、「設計」は構造または仕組みです。外観も設計もデザインを構成する不可欠なものですが、これらの訳語はデザインの一面を述べたに過ぎません。デザインの本質は別のところにあるようです。

自然科学の言葉ですが、エントロピー増大の法則というのがあります。この法則は、自然は放置しておくと時間とともに無秩序な状態になっていくと言う意味です。

デザインとは、このエントロピー増大の法則に逆らって、無秩序な状態に秩序を打ち立てることだと言ってみたら如何でしょうか。混沌とした私達の生活の中に、何らかの秩序を取り戻す作業がデザインである、と言うのです。

人類がデザインをするのは、エントロピーの現水準に満足できず、これを改善したい、解決したいと言う要求を満たすためです。意匠とは色や形です。設計とは内部の仕組や構成です。それらの対象は物質的なものから精神的なものに及びます。家族や、都市や、社会や、国家という分野にも意匠と設計は不可欠です。

問題を発見して解決し、無秩序への流れを秩序へ戻すのがデザインの本質である、と考えますが如何ですか。
(以上)
スポンサーサイト



【2007/07/11 14:55】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<網膜では見えない写真のブレ | ホーム | 自然の演出家>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/95-7212121f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |