FC2ブログ
写真と考現学

考古学があるなら考現学なるものもあります。考現学とは現代の都市住民の行動などについて研究する学問だそうでして、早稲田大学の今和次郎教授が大正末期に提唱したと聞きました。

考現学では、現代の社会現象すべてが研究の対象になります。考現学の研究者は街に出て現実を観察することが大事ですが、雑誌や新聞に掲載された写真も二次的資料として、観察の対象になります。

観察の対象となる写真は、報道、娯楽、商売などのため撮られたものですから、撮られた目的が違えば強調する箇所も異なりますが、それでも十分に考現学の資料になります。撮影の動機を斟酌して読めば良いのですから。

それでは、写真家が何かを表現しようとして撮影した写真はどうかと言えば、これも考現学の研究対象になり得ます。考現学者から見れば、写真家の芸術的写真も現代社会の研究対象として取り上げられるのです。

考現学が写真に求めることは、写真が撮られた目的とは関係なく、撮られた事実そのものです。写真家アジェは画家のための資料として写真をとりましたが、そしてそれら写真は芸術的価値を持ちましたが、考現学者は社会研究の資料としてアジェの写真を観察します。

考現学が向き合う現実は刻々変化して止みません。写真は、その変化を刻みます。刻まれた現実は次の瞬間にはこの世に存在しませんが、写真には残っています。その意味で、写真は考現学の宝庫なのです。

考古学は限られた遺蹟や古文書で過去を想像するのですが、考現学は写真のお陰で豊富な研究資料を用いることが出来ます。それでは、貧弱な資料の考古学より、豊富な資料の考現学が研究し易いかと言えば、必ずしもそうとは言えないようです。資料が多すぎると想像力を働かす領域が少なくなり、逆に情報の氾濫のため何が本質か分からなくなるからです。

写真家木村伊兵衛は、五十年後、百年後に見て貰える写真を撮りたいと言いました。それは芸術的意味で言ったのですが、同時に社会の本質を見抜いた写真を撮ると言う意味でもありますから、考現学的視点にも適っています。

その意味で、写真家は考現学者でもあるのです。
(以上)
スポンサーサイト



【2007/06/29 08:36】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<自然の演出家 | ホーム | フォトジャーナリズム・シンポジウムに出席して>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/93-cfdadb11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |