FC2ブログ
夕暮れ時のシルエット演劇
1.喰違見附跡q

2.喰違見附跡(紀之国坂)-20N 1904q

冬の夕暮れは足早に来る
明るかった空が陰り出すと
木々の姿態がシルエットで浮かび上がる

葉が落ちた大木は
梢を軽やかに空に延ばして
小木は自慢げなポーズをとって
土手の斜面に一列に並ぶ

大木たちは梢で囁やきかける
小木は離れて傍耳を立てる
喰違見附跡の土手上の
だれも見ない一幕の芝居
(以上)
スポンサーサイト



【2019/12/28 13:37】 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<畑の紋様はランド・アート | ホーム | 夕陽に映える枯れすすき>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/929-0f70f18e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |