FC2ブログ
夏に小笠原諸島を訪ねて
1.三日月山中腹より:二見港-01D 1409q
写真1  父島の二見港

2.おがさわら丸-01D 1409q
写真2 父島の二見港に停泊する連絡船おがさわら丸

3.三日月山展望台-04D 1409q
写真3 父島の三日月山展望台

4.三日月山展望台より-02D 1409q
写真4 父島の三日月山展望台から見た島々

5.小港海岸-14D 1409qr
写真5 父島の小港海岸

6.父島大通り-05D 1409qr
写真6 父島の大通り

7.父島裏通り-09D 1409q
写真7 裏通りのみやげもの屋に掲げられた日章旗と旭日旗

8.父島:花-04D 1409q
写真8 ブーゲンビリアは南国の花

9.花飾り-01D 1409q
写真9 芝生にも花のアート

10.父島二見港:漁船-03D 1409q
写真10 父島を背景に出帆を待つ漁船たち

11.扇浦海岸:飛鳥Ⅱ-01D 1409qr
写真11 豪華客船 飛鳥

12.青灯台岸壁-14D 1409qt
写真12 民族衣装で観光客歓迎のダンス

13.父島二見港出航-02D 1409q
写真13 離島する飛鳥に漁船は送別のパレード

14.父島二見港出航-25D 1409q
写真14 船で追走しながら送別の挨拶を送る島民達

15.父島二見港:沿岸風景-10D 1409q
写真15 夕焼け空に父島の島影が浮かぶ。

16.小笠原父島:落日-10D 1409q
写真16 雲の隙間から輝きを放つ落日

小笠原諸島は東京都の島です。
1000キロメートル離れた南太平洋に浮かぶ30余りの島です。

人が住んでいるのは父島と母島の2島だけです。
飛行場が無いので島の玄関は父島の二見港です。
東京港から連絡船で一昼夜の航海になります。
(写真1、2)

父島の高台から見る近くの島影は父島の自画像でしょう。
海面からそそり立つ緑濃い島々です。
広大な太平洋の水色の背景に、くっきりと浮かび上がります。
(写真3、4)

小笠原の自然は独自の生態系なので、植物、昆虫など珍しい発見があります。
世界遺産に登録(2011年)されてから訪問者は増えています。
(写真5)

父島の大通りは整然とした街並みで、バスも走ります。
みやげもの屋に日章旗と旭日旗がはためいていました。
小笠原諸島は最南端の日本の領土です。
(写真6、7)

小笠原の家並みには南国の花、ブーゲンビリアが似合います。
足許の芝生にも可愛い花飾りがありました。
(写真8、9)

小笠原諸島は観光が主要産業ですが、漁業も盛んです。
小型の漁船で南太平洋の彼方にまで出かけます。
(写真10)

偶々、豪華客船の飛鳥が小笠原島に寄港していました。
島民は民族衣装で大歓迎です。
(写真11、12)

去りゆく豪華客船に漁船は全力疾走のパレードで見送ります。
島民達は海上まで出かけて見送りの挨拶を送ります。
飛鳥の船縁からも有り難うと挨拶を交わします。
(写真13、14)

やがて、水平線に沈む太陽は小笠原の空を橙色に染め上げます。
父島の島影を浮かび上がらせて、落日と雲のドラマは尚続いていました。
(写真15、16)
(以上)
スポンサーサイト



【2019/08/31 16:01】 | 発見する | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<晩夏の上高地散策 | ホーム | 菊の紋章>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/912-89a269fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |