FC2ブログ
小塚原回向院と日本近代化
小塚原回向院-02D 0702qr
写真1
小塚原回向院-08D 0702q
写真2

日本の近代医学は、幕末に杉田玄白たちがオランダ語の医学書を「解体新書」として翻訳したことに始まります。当時(1773~4年)、オランダ語の辞書はありませんし、西洋医学が対象とした人体の器官の名称も日本語にはありませんでした。ですからオランダ語の医学書を日本語に翻訳することは大変な難事業でした。(因みに神経、軟骨、動脈などの熟語はこの翻訳で作られたのです)

小塚原の処刑場で刑死者の腑分けに立ち会った杉田玄白たちは、原著「「ターヘル・アナトミア」の記述が詳細にして正確なことに感銘して、困難な翻訳に着手しました。「解体新書」は医学の専門書でしたが、その社会的影響は大きく、その影響で江戸末期には蘭学が盛んとなり、明治時代になって西洋の近代科学を日本が受け入れる素地を作ったとも言われています。

小塚原処刑場跡の近くにある回向院は、寛文7年(1667年)刑死者を弔うため両国回向院の別院として設立された寺です。幕末には幕府の鎖国政策に反対して命を落とした吉田松陰などの憂国の志士たちが多数ここに埋葬されました。日本の近代化を成功させた明治維新は、江戸末期に命を賭して戦った彼ら志士たちの存在なくして成就できなかったでしょう。(写真1)

その志士達のお墓の入り口に「蘭学を生んだ解体の記念に」という一文を刻んだ石碑が建ててあります。その石碑には日本医師学会、日本医学会、日本医師会の連名で、「解体新書」は日本の近代文化が芽生えるきっかけとなったと記しています。回向院は日本の近代化と深い縁で結ばれている寺です。(写真2)

小塚原回向院は、荒川区の南千住駅近くにある小さな寺ですが、政治的にも、文化的にも、西欧の衝撃を受けた日本が鋭く反応したときの記憶を留める寺です。志士たちと医学者たちを結びつける不思議な縁(えにし)の寺です。私たちは彼らのお陰で今日を生きていることに思いを致すためにも、小塚原回向院に一度お参りしては如何ですか。
(以上)
スポンサーサイト



【2019/03/21 11:29】 | 発見する | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本橋に櫻通りが二つある | ホーム | なぜ日本人は行列好きなのか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/890-f406c81d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |