FC2ブログ
写真家と歴史家

批評家スーザン・ソンタグは言います。
「写真家は優れて現代の存在であり、彼の眼を通して「今」が過去になる」と。

写真家が現在を過去にする職業なら、歴史家は過去を現在にする職業です。何故なら、歴史家は過去を現在の目で見るからです。現在の価値観で過去を評価するからです。

例えば、エドワード・ギボンは「ローマ帝国衰亡史」の著者として有名ですが、何故ギボンはローマの衰亡史を書いて、ローマの通史を書かなかったかと問えば、彼は帝国の滅亡を好ましいことと考えていたからだと言います。何故帝国の滅亡を望ましいかと問えば、現代人にとって民主主義が望ましいからです。

現代人にとって、帝国とは独裁国家であり、現代の普遍的価値観である民主主義とは相容れないものであり、それは滅亡することが望ましいからです。帝国を悪とみなす者は、帝国の隆盛よりも没落の探求に情熱を傾けます。

写真家は現在を過去にすると言っても、歴史家の手法に倣って、過去の価値観で現在を見ようとしているわけではありません。現在存在するものの中から将来になっても価値あるものは何かと考えて撮影するのです。ですからスーザン・ソンタグの表現は一ひねりして、裏返して言っているのです。

写真家は「今」を過去にしようとするのではなく、「今」を将来に残そうとしているのです。木村伊兵衛が「五十年、百年後に見られるような写真を撮りたい」と言ったとは、既に述べました(「木村伊兵衛の写真」2006.6.12)。

毎日本屋の店先に現れる新刊本は夥しい数に上ります。著者は、今だけでなく将来も読まれることを期待して書いている筈です。しかし、それらの内、現代でも読むに値する本はそれ程多くありませんが、古典のように五百年、千年の後に読まれる本は絶無でしょう。人間の知恵は既に出尽くしていると言われますから。

しかし、写真は違います。写真は事実の記録(ドキュメンタリー性)という強みを持ちます。想像や思索による作り物ではない強みを持ちます。それ故に、将来の価値を見抜く力が写真家にあれば、五十年、百年後になって見るに値する作品を作れます。

ウジェーヌ・アジェは「芸術家のための資料」と称してパリの街を撮り続けた写真家です。アジェの写真には、技巧も作為もありません。パリの街を正面から見据えて撮っています。それらは時代を超越した写真です。

20世紀半ばになってマン・レイがアジェの写真を評価して雑誌に載せたとき、「これは単なる資料に過ぎないから」と言って、自分の名前を出すことを断ったと言います。

アジェは自分の写真を単なる資料と思っていたのでしょうか。本当は、自分の写真の価値を理解していて、逆説を述べたのでしょうか。どちらでも良いことです。アジェの写真はパリの街の実存を捉えていることに変わりはないのですから。
(以上)
スポンサーサイト



【2007/05/26 22:27】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<占領下の昭和写真史 | ホーム | 宗教観と日本的デザイン>>
コメント
ご賛同に感謝
私はこのブログを不安の内に書いています。
と言いますのは、私は50才を過ぎてからカルチャーセンターで写真の撮り方を学び、写真の素晴らしさに惹かれて、その後は独学で写真の世界を勉強しているので、このブログが素人の独断に陥りはせぬかと危惧しているからです。
専門家の貴兄からご賛同を頂き、勇気づけられ、感謝しております。
【2007/05/29 11:10】 URL | wakowphoto #-[ 編集] | page top↑
勉強になります。

私は自分が見たもの感じた今を、
大げさに言えば世界へ未来へと伝えるために写真を撮っています。

かなり狭い世界と未来ですが(笑)。
【2007/05/29 02:53】 URL | parisanpo #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/88-7b903985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |