FC2ブログ
オリンピック国立競技場の建設現場の空にクレーンは舞う
1.神宮外苑:国立競技場建設中-07D 1711q

2.神宮外苑:国立競技場建設中-12D 1711q

3.神宮外苑:国立競技場建設中-09D 1711q

4.神宮外苑:国立競技場建設中-06D 1711q

5.神宮外苑:国立競技場建設中-20D 1711q

6.神宮外苑:国立競技場建設中-22D 1711q

スタートから躓きが多かったオリンピック国立競技場の建設ですが、遅れを取り戻すべく急ピッチで工事は進んでいます。

工事現場は高い塀で囲われているので覗き見ることは難しいのですが、東京体育館の高い場所からは建設状況を垣間見ることが出来ます。

そこから建設現場を見ていると、オリンピック国立競技場の予定地全域にわたって沢山の建設用クレーンが動き回っています。

多くの建設用クレーンは空高く長い腕を伸ばします。そして互いに近づき接触しては離れます。恐らくクレーンの下では建設資材の運搬が行われているのでしょうが、上空では複数のクレーンが話し合っているようにも、じゃれる合っているようにも見えます。

複数のクレーンが重なり合う時、荷物を運ぶクレーンのワイヤーが絡み合うように見えます。やがて、ワイヤーが紐に見えてくると、クレーンは指に見えてきます。

覗いていたカメラのファインダーの中で、クレーンとワイヤーで何やら絵柄を描いているようです。まるで巨大な指が綾取りをしているかのようです。空に舞うクレーンの遊び心でしょうか。
(以上)
スポンサーサイト



【2018/01/02 12:18】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<来世への輝ける道か | ホーム | 岩に散るモミジは再び美しい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/837-58e443f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |