FC2ブログ
桜の写真は難しい
清水寺と桜-01P 94qc


                 桜-03P 94Y3q


                                   ボートと桜-11P 96qtc


桜は、日本人にとって花の中でも特別の思い入れがある花です。同じく日本人が古くから愛した花に梅がありますが、桜には梅よりも更に深い愛着を日本人は感じていたようです。

武士として生まれ、後に僧侶となり、歌人として有名な西行法師は、桜に憧れて「願はくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ」と詠みました。そして詠んだ歌のように往生したと言われます。日本人の桜の花への思い入れを描いて、これ以上の歌はありません。

梶井基次郎という作家は、桜があのように美しいのは「桜の樹の下には屍体が埋まっている」からだと、「檸檬」という作品の中で語っていますが、桜の花に人間の血が流れている連想があるからでしょう。日本人は、桜を見て本能的に血が騒ぐようです。

梅が理知的な花とすれば、桜は情熱的な花です。梅が寒さの中に凛とした「静」の美しさを示すのに対し、桜は暖かくなる中で一斉に咲いて素早く散る「動」の美しさを示します。

写真を撮るという観点からは、梅より桜は難しいと思います。「静」と「動」の違いだけでなく、桜への情緒的愛着が強いためかも知れません。被写体への思い入れが強いと、巧く撮影できないようです。桜の撮影では、心理的に少し距離を置いて、突き放した気持ちで臨む方が良いようです。

俳人芭蕉に「さまざまのこと思い出す桜かな」と言う句があります。桜は思い出の契機に過ぎないような、或いは桜の花を鳥瞰視するような、さっぱりした俳句です。桜を写真に撮るときは、芭蕉の心境で撮ると成功するでしょう。

芭蕉に倣って、様々な思い出を桜で語った写真を三枚掲げました。
(以上)
スポンサーサイト



【2007/04/25 22:48】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<写真における影の魅力 | ホーム | デジタルカメラと銀塩カメラの違い>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/83-0fc0624f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |