FC2ブログ
黴は岩肌に絵を描く
1.黴-99D 1705q
写真1
2.黴-105D 1705q
写真2
3.黴-108D 1705q
写真3
4.黴-110D 1705q
写真4
5.黴-114D 1705q
写真5
道端に切り通しの土砂留めのための大きな岩が並んでいました。
地下水がしみ出すのか、大きな岩肌は常に湿気を帯びています。
その浅黒い岩肌には、所狭しと黴が生えていました。

花が咲いていれば人は見てくれますが、黴では誰も見向きもしません。
しかし、眺めている内に、黴の絵柄がうごいています。
よく見ると岩の表面の大きな黴の塊は色々な形をしています。
ですから同じ形の花を見るより面白いのです。
じっと見ていると、不思議な形の黴は何物かを描いているのです。

写真 1.プードル犬が歩いています。
写真 2.ミッキーマウスが笑っています。
写真 3.子犬がじゃれ合っています。
写真 4.蛸と烏賊が睨み合えいます。
写真 5.子供が追われて逃げています。

これらは、黴が長い年月を掛けて描いてきたものです。
その筆先は見えませんが、今も少しずつ描いているのです。
(以上)
スポンサーサイト



【2017/08/28 21:53】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<さようなら 利尻島 | ホーム | 鉛筆ビルが林立する大通り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/822-dd1c6179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |