FC2ブログ
柔らかい光
男鹿:車窓-03P 99
(写真1)

               日本海-12P 99
               (写真2)

                              富士山-09P 89
                              (写真3)

写真は光で撮るものですが、光は強すぎても弱すぎても困ります。一枚の写真を撮るとき、その画面に強すぎる光と弱すぎる光が同居すると、写真は見た目とは違ったものになります。

風景や場面を見るとき、人間の眼は焦点となるポイントの光量に合わせて瞳孔を開いたり閉めたりするので、眼に入ってくる光量を調整して感じますが、カメラはそのような柔軟性はなく、画面全体の露出度をどれか一つに決めて仕舞います。

強い光に露出度を合わせば弱い光の部分は見た目よりも暗くなります。逆に弱い光に露出度を合わせば、強い光の部分は露出オーバーで色が飛んで仕舞います。

更に、光は周囲の物体に反射して二次的な光を発します。この二次的な光は、主たる光が照らさない暗い部分を照らします。これを光が廻ると言います。光が廻ると、強い光と弱い光の差を埋めてくれます。そこに柔らかい光が出現しているからです。

朝と夕方は、太陽は地平線に近くなり、斜めや横から光が来ます。昼間と違って太陽の光は穏やかになります。大気層を斜めによぎる太陽光線は赤みを帯びます。ここでも柔らかい光が出現します。それも色着きの柔らかい光です。

被写体にも二種類あります。光を鋭く反射するものと、柔らかく反射するものです。水面は鏡のように光を鋭く反射しますが、ススキの穂は光を吸い込むように柔らかく反射します。雲は太陽の光を一旦吸収してからはき出します。その効果はフラッシュを天井に向けて焚いたのと同じです。

柔らかい光を捉えた三枚の写真を掲げました。雲の間接光が海の青を照らしている(写真1)、沈む夕陽の赤みを帯びた柔らかい光でも田んぼは強く反射している(写真2)、夕陽を受け止めるススキの穂は柔らかく光を含んでいる(写真3)と言う例です。
(以上)


お気に召したら 人気blogランキングへ

スポンサーサイト



【2007/03/18 08:00】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<写真は感傷を誘う | ホーム | 日本のデザイン力とデザイナーたち>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/79-fd80a1d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |