FC2ブログ
海で泳ぐ魚たちの生態
1.葛西臨海水族園-34D 1609q
写真1
2.葛西臨海水族園-32D 1609q
写真2
3.葛西臨海水族園-11D 1609q
写真3
4.葛西臨海水族園-12D 1609q
写真4
5.葛西臨海水族園-13D 1609q
写真5
6.葛西臨海水族園-16D 1609q
写真6
7.葛西臨海水族園-18D 1609q
写真7
8.葛西臨海水族園-21D 1609q
写真8
9.葛西臨海水族園-24D 1609q
写真9
10.葛西臨海水族園-26D 1609q
写真10
11.葛西臨海水族園-29D 1609q
写真11

真夏に涼しさを求めて、葛西臨海水族園で海で泳ぐ魚たちの生態を観察しました。この水族館では一昨年(平成26年)マグロなどの回遊魚が全滅したとの報道がありましたが、今は沢山の新しいマグロが元気よく巨大な水槽で泳いでいました。

マグロは大洋を回遊する魚で、休むことなく四六時中泳いでいる習性があります。体型は紡錘形で高速で遊泳します。最高時速80キロも出すと言います。フラッシュの使えない水族館では、スピードの速いマグロは写真撮影すると皆ブレてしまいました。
(写真1、2)

水族館での次の大型魚はサメです。性質は獰猛ですがスタイルの良さは満点です。長くて滑らかな体をくねらせて餌を求めて悠然と泳いでいました。満腹なのでしょうか、小魚の群れを横目に見て、襲う気配を見せませんでした。
(写真3、4)

サメに追われる小魚の群れは上下左右に逃げ惑いますが、群れの集団が崩れることはありません。しかし群れが水面近くに浮き上がると水面を波立たせるので、今度は空から鳥の攻撃を受けます。陸上より海中の動物の生存競争は厳しいものです。
(写真5)

見物人は、追いつ追われつの水中ドラマに夢中になって水槽ガラスに釘付けになっていました。
(写真6)

ダイナミックな魚類の生態は見飽きませんでしたが、岩陰などの静かな海で、変わった魚、美しい魚が、ゆっくりと泳いでいる生態も見飽きませんでした。

流線型のマグロの水槽とは違って、こちらの水槽では泳ぐ魚は形も色も変わっています。おでこちゃんで、つののある魚、おちょぼ口の魚など、表情豊かな魚たちを見ていると、おかめひょっとこを連想して思わず笑いそうになります。
(写真7)

更に魚の美しい色彩と紋様には魅了されます。地上に色とりどりの花が咲くように、海中には色鮮やかな動く花が咲いています。水槽の一ヶに留まって眺めていても、美しい海の花は、移動しながら角度を変えて、ポーズをとって、見る人を楽しませてくれます。
(写真8、9、10、11)
(以上)
スポンサーサイト



【2016/10/27 19:18】 | 発見する | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<モミジ狩り | ホーム | 落書きに芸術性は求められない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/768-c7737a28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |