FC2ブログ
相馬野馬追い祭り
1.相馬神社-01P 99r
写真1 相馬中村神社

2.相馬野馬追い-03P 99t
写真2 参上いた武士たち

3.相馬野馬追い-01P 99t
写真3 迎える武士たち

4.相馬野馬追い-16P 99t
写真4 指揮する武将

5.相馬野馬追い-10P 99t
写真5 広場で神旗争奪戦が始まる。

6.相馬野馬追い-17P 99t
写真6 神旗が打ち上げられた方向に突進する騎馬

7.相馬野馬追い-08P 99t
写真7 神旗を鞭で巻き取ろうと競り合う武士たち

相馬野馬追い祭りは、毎年7月の中旬から下旬にかけて、福島県の浜通りの街、相馬市を中心とした地域で開催されます。平将門が野馬を捕らえ馬を神前に奉納したことに由来する祭りで、千年という古い歴史があります。今では、相馬野馬追いは、国の重要無形民俗文化財に指定され、一地方の祭りが全国的に知られるようになりました。

平成23年(2011)3月の東日本大震災と、それに続く福島原発事故で、相馬市は甚大な被害を受けましたが、旧い神社の多くは標高の高いところにあり、津波の被害を免れたそうで、相馬野馬追い祭りの相馬中村神社も健在だと聞きます。
(写真1)

相馬野馬追いの、祭りとしての起源は、鎌倉時代以前に遡り、土地の豪族の相馬氏が、野生の馬を放して敵兵と見立てた軍事訓練をした事に始まると云われますが、その後は、神事という名目で継続され、現在の形で祭りが復活したのは、明治になってからだそうです。

それにしても、相馬野馬追い祭りでは、相馬中村神社の氏子たちは、現在の身分を離れて相馬時代の身分に戻り、先祖伝来の鎧甲を身にまとい、武士の作法に従い、その時代の身分に応じた役割を演じ、町を挙げて往時の武家社会に変身します。
(写真2、3、4)

例えば、現在は市役所の平(ひら)の職員でも、先祖が相馬藩の重臣であったらそのように、そして市役所の部長の先祖が足軽であったならそのように振る舞うのです。祭りでは現世の地位は逆転して部長は平の職員の指揮に従います。

殿様の使者が市役所を訪れたとき、市庁舎の二階から眺めていた職員は頭(ず)が高いと叱られました。殿様の使者を高いところから見下ろすことは大変失礼なことだからです。三日にわたる祭りの間は、町中では武者姿の武将達が、馬に乗って走ったり、家来を連れて歩いたり、交わす挨拶も、なにかユーモラスな光景があちこちで見られます。

行事のハイライトは二日目の神旗争奪戦だと云われます。多数の鎧甲の武者が広場に集まり、空中に打ち上げられた布の旗を馬上から鞭で巻き取る戦いで、騎馬戦のような激しさがあるからです。
(写真5、6、7)
(以上)
スポンサーサイト



【2016/07/27 12:47】 | 文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本は谷に恵まれた国 | ホーム | 寅さん映画は日本民俗の表現>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/754-f8b70dc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |