FC2ブログ
雨傘は梅雨に咲く花である
1.明治神宮-05P 86Y10

2.明治神宮-04P 86t

3.傘-01D 1606q

4.雨降り-02P 96

日本では雨期は年に二度あります。6月の梅雨(つゆ)と10月の秋雨(あきさめ)です。

昔の梅雨は最初はしとしと降り、夏に入る直前に強く降りましたが、この頃は最初から特定の場所に集中して大雨を降らすようになりました。それでも、梅雨の季節が蒸し蒸しして薄暗く憂鬱です。

秋雨は、最初の頃はかなり強く降りますが、後半に入ると秋の長雨と言われるようにダラダラと降るので、なかなか終わらず寒々として憂鬱な日が続きます。

日本では春夏秋冬の四季の長さがほぼ等間隔にあるので、それぞれの季節に咲く花の種類が多いのですが、二回もある雨期には、それらの自然の花に加えて、人工の花も咲きます。それは雨傘の花です。

昔の雨傘は黒いものと決まっていましたが、最近では日傘のように色彩豊かで艶やかな絵柄の雨傘が多くなっています。そのお陰で街には明るい雨傘の花が咲いています。

梅雨どきは雨雲で街は薄暗いのですが、そして秋雨のしとしと降るとき寒々するのですが、雨傘の明るい花が街路に咲き乱れると、暗さや寒さを和らげます。

梅雨でも秋雨でも、家に引き籠もらず、明るく綺麗な雨傘をさして、街に出てみましょう。雨の街に咲く花々を愛でながら、自分も一輪の花を咲かせるのです。
(以上)
スポンサーサイト



【2016/07/08 10:02】 | 発見する | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<寅さん映画は日本民俗の表現 | ホーム | 真昼に夜が来る シュルレアリスムの写真>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/749-3e0c5bb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |