FC2ブログ
江戸城 天守台の美 その一
1.大阪城本丸-02D 07010qr
写真1 大坂城
2.名古屋城-06D 1404q
写真2 名古屋城
3.石垣-39P 96t
写真3 江戸城天守台 現在は正面中段右の木はありません。
4.石垣-40P 96t
写真4 江戸城天守台の左半分
5.天守台頂上-01D 1510qt
写真5 天守台頂上
6.天守台-09D 1508qc
写真6 北東側から見た江戸城天守台
7.天守台:部分-21D 1510qc
写真7 江戸城天守台の部分
8.天守台-10D 1508qc
写真8 江戸城天守台の東側
9.天守台:部分-12D 1510qc
写真9 江戸城天守台の東側の石垣が焼け爛れた部分

天守台は天守閣を載せる石塁のことです。江戸城の天守閣は、本丸内に三度築かれましたが、三度目に築かれた天守閣(1638年)は明暦の大火(1657年)で消失し、僅か20年弱の寿命でした。

天守閣焼失後、幕府は再建を企てて天守台の石塁まで築造しましたが、天守閣の建造はしませんでした。その理由には、江戸市街の復興を天守閣再建より優先したとか、戦国の世の象徴である天守閣は必要なくなったとか、更には幕府財政が逼迫していたとか言われていますが、その決断は、時の大老、保科正之の判断でなされたと言われます。

明暦の大火の後、江戸市街は火災に備えた大規模な都市計画で見事な復興を遂げましたし、戦国時代が終わって徳川300年の平和な時代が続いたこと等を思うと、再建しなかったことは適切な判断でした。

平成の時代になって江戸400年祭に合わせて江戸城の天守閣を再建する話が出ましたが、沙汰止みになりました。もし平成の天守閣の再建が実現したら、保科正之に笑われたでしょう。時代を経た今となっては、江戸城の遺産は天守台であって天守閣ではないのですから。

大坂城や名古屋城の天守閣は再建されて、熊本城と共に、日本の三大名城と言われています。見事な威容を誇っていますが、それを見て、東京の江戸城に天守閣がないのは寂しいと言う気持ちは分かります。でも、喩え再建されても、江戸時代の人々にも、東京の人々にも記憶されない歴史遺産を再建しても、それは遺跡ではなく模造品に過ぎません。
(写真1、2)

江戸城の遺跡として残された天守台は、こじんまりとして端正な造りながら重厚です。天守台は南側から見ると三層から成る雛壇状の石塁です。この南側の小天守台は幕末に改造されたものです。

下段は低く、中段、上段へと次第に段差が高くなっていますが、上に行くほど段差を大きくしたのは、天守閣への攻め手に圧迫感を与える構造にしたのです。

本丸御殿から天守台に上る坂道は天守台の正面中央にありますが、途中で屈曲して護りを固めています。天守台の上段に上りますと、上段の石垣の裏側は窪地となっていて、天守閣のあった地盤と隔てています。いずれも天守閣の護りを固める工夫ですが、これらの構造上の工夫が、外見上、天守台の重厚さを増しています。
(写真3、4、5)

天守台の石塁には大坂城のような巨石は組み込まれていませんが、花崗岩切石を隙間なく積み上げており、積み石の表面は綺麗に磨かれています。この石塁は明暦の大火の翌年に前田綱紀に築き直させたと言われます。簡素ですが全体として美しく見えます。(写真6、7)

ところが、天守台の東側の石積みの一部は、表面にひび割れが生じていて、美感を損ねています。このひび割れは、明暦の大火の際に炎に焼かれた跡と言われます。石垣の強度に関係ないこととして、石塁再構築の際には、従来の石材をそのまま使用したのです。
(写真8)

敢えて美観にこだわらず、火災の跡を天守台の石積みに残したことは、逆に歴史的遺産としての天守台の価値を高めています。過去の記憶を形に残すことが遺跡の価値ですから。
(写真9)
(以上)
スポンサーサイト



【2016/01/29 13:46】 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<江戸城 天守台の美 その二 | ホーム | 江戸城 櫓の美>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/722-efecf6a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |