FC2ブログ
写真は演奏する

嘗て、写真家アンセル・アダムズは「ネガは楽譜であり、プリントは演奏である」と言ったと伝えられます。その意味は、写真家が撮ったネガフィルムは、プリントする時その表現を様々に変えることが可能だということです。

音楽では作曲者はメロディとリズムで一つの曲を作ります。作曲者は演奏の方法を楽譜に指定する場合もあります。しかし、演奏家はその曲を自分流に解釈して演奏することが出来ます。同じ曲でも演奏家が違うと、その曲はかなり違った音楽に変わります。音楽会で有名な演奏家や歌手に人々が夢中になるのはそのためです。

写真でも、同じ一つのネガフィルムから色々に異なったプリントをして、色々な「写真」が生まれます。撮影した人が撮影した時期にプリントした「写真」を「ヴィンテージ写真」と言います。撮影した人が撮影した意図(気持ち)を忠実に表現していると考えられて「ヴィンテージ写真」は珍重されます。

撮影した写真家は、ネガフィルムを自分で保有していて、自分でプリントするのが普通ですが、他人にプリントを頼むこともあります。撮影者が他界していれば、その弟子や後継者がプリントします。

アメリカ東海岸のヨセミテ渓谷を旅したとき、アンセル・アダムズの写真を売っている土産物屋(美術館と称していました)で、私はアンセル・アダムズの後継者がプリントした「月とハーフ・ドーム」という写真を購入しました。そこに同じ写真の「ヴィンテージ写真」が置いてありましたので値段を見たら、私が買った写真の10倍以上の値段が付いていました。

アンセル・アダムズの写真がオークションにかけられ、ある一枚の写真に一千万円以上の値段が付いたと聞いたアンセル・アダムズは、「自分は未だ生きているのだよ」と苦笑したとのことです。こうなると骨董品の評価の世界であって、芸術の価値の話ではなくなります。

アンセル・アダムスは、「月とハーフ・ドーム」以外にもヨセミテ国立公園の雄大な自然を沢山撮影しています。 ですからヨセミテ国立公園の存在はアンセル・アダムズの写真によって世界に知られたとも言われています。

音楽の世界では、後世に勝れた演奏家が現れます。そして作曲家の知らない素晴らしい演奏をします。写真の世界でも同じネガフィルムから、撮影した写真家が知らない素晴らしいプリント写真が生まれることを期待します。

最後に、アンセル・アダムズのプリント写真を買った旅で、私が写したヨセミテ渓谷のハーフ・ドームを載せてみました。
(以上)


ヨセミテ-10Pc


お気に召したら 人気blogランキングへ
スポンサーサイト



【2007/01/31 10:16】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<写真は芸術か? | ホーム | 細江英公の世界>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/72-18b7c9aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |