FC2ブログ
首都高速をパブリックアートに見立てよう
1.西新宿ジャンクション-02D 0904qtc
写真1 西新宿ジャンクション
2.西新宿ジャンクション-06D 1002qtc
写真2 西新宿ジャンクション
3.辰巳ジャンクション-06D 1411qr
写真3 辰巳ジャンクション
4.辰巳ジャンクション-05D 1411q
写真4 辰巳ジャンクション
5.辰巳ジャンクション-09D 1411qt
写真5 辰巳ジャンクション
6.西新宿ジャンクション-11D 1310qt
写真6 西新宿ジャンクション

都内の大通りを歩いていると、頭上に覆い被さるように走る高速道路に出会います。特に、幾重にも重なり合い、絡み合った巨大なコンクリートの塊に遭遇すると重圧を感じます。そこはジャンクションというところで、高速道路の乗換え、乗継ぎ場所です。(写真1)

西洋では建物の外壁が造る面に凹凸がなく整然と面合(つらあわ)せされている街並みを美しいと見ます。西洋人は建物が造る街並みの輪郭線がフラットに整然としているのを好むのです。

しかし、木造建築の多かった日本では街並みの輪郭線を揃えるのは難しく、そのため日本人は輪郭線が乱れても都市の美観が損なわれたとは感じないのでしょう。その習慣は今も変わらず、近代的なビル建築の街並みになっても平気で看板を歩道に突き出しています。

欧米では、街路の上空に高速道路が走るのを嫌います。況して、最も目立つ街路の十字路の上空に、怪物のようなジャンクションを建設することはありません。しかし日本では都市交通の便利さを都市美より優先させていますから、都心部の街路上に高速道路が縦横に走り、交差点の上空に巨大なジャンクションが聳えても平気です。(写真2)

ある外国人は、飛行機で空から首都高速道路網を見て、東京はまるでスパゲッティをばら撒いたような都市だと云いました。しかし、ある日本の科学評論家は、二層三層の高速道路がビルの間に走るのを見て、近未来の都市交通が実現したと喜びました。

市中の街路に電線や電話線が蜘蛛の巣のように張り巡らされても気にしない、日本人の都市美への感性が変わらなければ、高速道路が都市上空を縦横に走り回っても気にしないでしょう。

しかし、あるとき頭上を走る高速道路とジャンクションを見上げていて、ふと怪物のような構造物が奇妙なものに見えてきました。それは、とぐろを巻く大蛇であったり、八岐大蛇(やまたのおろち)であったり、レジャーランドの遊戯施設であったり、結構、目を楽しませてくれたのです。
(写真3、4)

鉄骨とコンクリートの構造物が、空中で離れたかと思うと近づき、弧を描いて回転し、重なり合って結びつき、時には隣接するモダンなビルディングに絡みつく、高速道路とジャンクションは巨大なパブリックアートに見えてきたのです。
(写真5、6)
(以上)
スポンサーサイト



【2015/07/26 10:32】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本のファストフードは江戸時代に遡る | ホーム | 日本人の実直さを描いた寅さん映画>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/689-af9ff48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |