FC2ブログ
宵闇迫りて
1.松本~上田:夕景-06D 1410q
写真1
2.松本~上田:夕景-05D 1410q
写真2
3.松本~上田:夕景-02D 1410q
写真3
4.松本~上田:夕景-03D 1410q
写真4
5.松本~上田:姥捨駐車場より-01D 1410q
写真5
6.松本~上田:姥捨駐車場より-02D 1410q
写真6

中秋の名月を過ぎてからの宵の暗さを宵闇と云いますが、晩秋の宵闇はあっという間に辺りを覆います。

宵闇は、瞬く間に形あるもの全てを暗闇に取り込んで見えない世界と化します。そして残るのは心の中の風景です。外界が朦朧となると、心の中は鮮明になります。

宵闇せまれば 悩みは果てなし 
乱るる心に 映るは誰が影
君恋し くちびるあせねど 
涙はあふれて 今宵も更けゆく

これは、時雨音羽作詞、佐々紅華作曲の歌謡曲「君恋し」の冒頭の一節ですが、戦前の昭和初期にヒットし、戦後もフランク永井が歌ってヒットしました。日本人は心の奥底が見える宵闇が好きです。

晩秋の夕暮れ時、太陽は既に山の端に落ちて、山裾の人家も広がる田畑も輪郭が判然としなくなる頃、信州の山あいを高速バスは疾走します。

と、高速バスの車窓を黒い影が次から次へと飛び去ります。空中に舞う黒い影は、人家や田畑にまつわりついて、窓外の風景は朦朧となります。(写真1、2、3、4)

ああ、これが宵闇の正体だと知ったとき、高速バスは長野自動車道の姨捨サービスエリアに到着しました。高台にあるサービスエリアからは善光寺平の素晴らしい夜景が見えました。(写真5、6)
(以上)
スポンサーサイト



【2014/12/21 21:21】 | 発見する | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<羽子板 遊具から工芸品に | ホーム | 美しい森林の豊かな国 日本>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/665-5acbdc0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |