FC2ブログ
豪雨が描くラテアート
1.砂模様-09D 1409q
写真1
2.砂模様-07D 1409q
写真2
3.砂模様-01D 1409q
写真3
4.砂模様-08D 1409q
写真4
5.砂模様-02D 1409q
写真5
6.砂模様-05D 1409q
写真6

地球温暖化の所為でしょうか、最近は各地で局地的な豪雨が降ります。

普段は降らない大量の雨水が、堰を切ったように流れ込み流れ去ると、地表には水流の跡が残ります。突然発生した雨水の流れは、僅かな地面の凹凸に沿うように左へ右に回り、地面の硬軟に応じて地表の砂埃を押し流していきます。

豪雨が去った後、いつも見慣れた地面は様相を一変して、雨水の軌跡が鮮やかに刻まれていたのです。それが人の足跡で乱されないうちにと、写真に撮りました。

地表のある部分では川の流れのように幾筋にも分かれており(写真1、2)、ある部分は何本もの支流が本流に流れ込むように集まっています(写真3)。また、水が滞留して池となった所は盆地のように(写真4、5)、勾配が強くて流れが速かった所は浅瀬のさざ波のように刻まれています(写真6)。

これらの模様は、焦げ茶色のモノトーンの表土のお陰で、墨絵のように見えます。雨後に訪れた神社の境内の、自然の雨水が描いたひとときのラテアートでした。
(以上)
スポンサーサイト



【2014/09/17 18:27】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<仏陀の教えと蓮のことなど | ホーム | 水藻のアート>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/650-e9b4e9eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |