FC2ブログ
クールビズは個性的で格好良く
地球温暖化の所為で世界中で気候の変調が目立っています。気象予報では今夏は平年並の暑さだとの予報を聞いて安心していましたら、今夏も去年並の気温だと云われて、何故かと問いましたら、平年気温が上昇したのだから平年並みというのだと説明されました。

とすれば、地球温暖化の影響で日本は亜熱帯の気候になったと言うことです。そう云えば、この頃の雨期は、しとしと降るタイプの梅雨は姿を消し、しばしば局所的な集中豪雨が襲い、雷は多くなり、強風が襲い、積もるほどの雹が降りました。

日本の夏の気候が亜熱帯になる前から、省エネルギーのため夏の洋服にクールビズと言うスタイルが奨励されています。ネクタイを外し、シャツの一番上のボタンも外し、時には上着も脱いで、はだけたワイシャツ・スタイルで執務するスタイルです。

むかし見た時代物の大河ドラマで、若き織田信長が美濃の国主、斉藤道三の娘を嫁に貰うべく、彼の館を訪ねていく場面でした。暑い頃なのでしょう、裸に近い衣装で馬に跨り、傍若無人な振る舞いで館に近づく信長を物陰から密かに見た道三は、信長はこの程度の男かと軽蔑し、会うなり無礼だと一喝しよう待ちかまえます。

ところが、道三の前に現れた信長は、武士の礼装を身にまとい、礼儀正しく挨拶します。道三は虚を突かれ、信長を改めて見直すという話です。

この逸話は、時と場所に相応しい身なりをすることの重要性を語っています。そこには礼儀もありますが、それ以上に人に接するときの身なりは、当事者の心を顕し、覚悟を表明し、相手もそのように受け取るものだと教えています。

ですから、はだけたワイシャツ・スタイルで執務するスタイルは良くないのです。ワイシャツは西洋人の間では背広の下着ですから、下着姿で人前に出るのは礼儀を失します。ならば、ワイシャツの要らない上着を考案すべきでしょう。日本の夏の和装には、作務衣(さむえ)、甚平(じんべえ)、浴衣(ゆかた)など涼しい着物が色々あります。

これらは湿度の高い日本の気候に合わせて考案された衣類です。これらの衣装は現代では合わないと云うなら、上下のアンサンブルに一工夫加えれば、意外に洒落た和風夏服が誕生するかも知れません。

蒸し暑い夏の気候が一年中続く東南アジアでは、フォーマルの夏服から普段着の夏服まで涼しげな洋服を用意しています。その中には、西洋式の洋服をベースにしながら、伝統的な民族衣装のデザインを施した夏服もあります。嘗てバンコクで国際会議に出席したとき見た、タイ、フィリッピン、インドネシアなどの代表は、夫々の国の伝統衣装を生かした個性ある服装をしていました。

40年ほど前、日本で最初にクールビズが叫ばれて、普及のため当時の通産大臣が着て見せた洋服は、通常の背広の袖を半分切り落としただけの不格好のものでした。その後、改善が進んだとは聞いていません。日本の和装クールビズは未だ現れていないとすると、デザイナーの怠慢です。

和装クールビズに名案がなければ、いっそのこと、熱帯、亜熱帯の国々で使われている夏服を採用してはいかがでしょうか? タイのオフィスでは、写真のような夏服が正装でした。
(以上)


                    チャンタブリ出張-15N 80t
スポンサーサイト



【2014/07/19 11:38】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<分からないことばかりの鰻事情 | ホーム | 入谷鬼子母神の朝顔市>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/643-0700f65a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |