FC2ブログ
エレベーターとエスカレーターはホモ・サピエンスの良き友
                    1.エスカレーター-01D 0709q
                     2.シオサイト:フォンテーヌ汐留-02D 1304q

太古の昔から人間は地面を歩いて生きてきました。湿気や害虫から逃れるため高床式の住居に住むことはあっても、生活の大半は地面の上を歩いて過ごしました。人間は他の哺乳動物と同じく平面を水平に移動することが普通でした。

しかし、建築技術が発達して背の高い建造物を造れるようになると、人間はその建物の中で上下に移動する必要に迫られました。上下の移動は重力に逆らう動きですから歩くときの運動負担が大きくなります。そこで階段は不便というのでエレベーターが造られ使われるようになりました。

階段は横に動きながら少しずつ上下するので水平移動も伴いますが、エレベーターは垂直に、しかも急速に上下するので、人間にとって初めての空間移動体験でした。例えば、デパートのエレベーターに乗って降りた階の風景は、乗った階とは全く違います。初めてエレベータに乗った人がエレベーターが止まって扉を開いたとき、少しオーバーに言えば、恰も玉手箱を開いて見る感じがしたでしょう。

エレベーターに続いて開発され普及したエスカレーターは動く階段です。眼前の風景は連続的に変化しますからエレベーターを降りたとき感じる意外性を人々には与えません。急ぐ時でなければフロアーを次々と眺めながら移動する楽しみがあります。

エスカレーターは、ゆくりと時間を掛けて大勢の人を運びます。エレベーターとエスカレーターの関係は、飛行機と船舶の違いに似ています。飛行機は少数を迅速に運び、船舶は大勢をゆくりと運びます。それぞれ一長一短がありますから、デパートなどでは両方を設置しています。

高層ビルでは高速のエレベーターが威力を発揮しています。低層のビルと低層のビルとの間を横に移動するよりも、同じ高層ビルに入居して、上下に移動した方が、ずっと早いので時間の節約になります。分散していた会社が一ヶ所の高層ビルに集まるのは当然です。一つの高層ビルに街の機能が同居すれば、そのビルは一つの街になります。

しかし人々は、高層ビルで便利に仕事をし、高層マンションに快適に住んでみて、地上から高く離れた空間にいることに、時々落ち着かない気持ちになります。それは中空に吊り下げられているという不安であり、何か大切なものから隔離されたという感じです。それは、人類が地球に誕生して以来、ずっと大地に足を着けて生活してきた遺伝子の囁きかもしれません。

他方、人間は地下にも潜っていきます。私たちの地下生活は地下鉄に乗るとき位でしたが、新しく建設される地下鉄は、かなり地下深いところを走るようになり、地下生活の深さは増しています。深い地下を走る地下鉄には長いエスカレーターが利用されています。それは移動の早さよりも移動の量が求められているからです。

現在の地下鉄では移動するのに長いエスカレーターが主役ですが、今より深い地下を利用するとなれば、エスカレーターではなくて、エレベーターが用いられるようになるでしょう。折角地下鉄で早く目的地に到着したのに、地上に出るのに時間が掛かっては不便だからです。

地下鉄だけでなく地下深く伸びるビルを建設する構想もあります。地価の高い場所では地中ビルの建設費が高くなっても採算がとれるからです。地下100メートルを越える大深度にビルが建築されたとき、そこで働いたり住んだりする人々は、今度は空が恋しくなります。ここでも高速のエレベーターが使用されるでしょう。

人間の活動範囲が空中と地中に伸びていくとエレベーターとエスカレーターは必要不可欠の手段となります。しかし、そんなに高く登らなくても、そんなに深く潜らなくても、エレベーターとエスカレーターは社会生活で益々必要になっています。

今では殆どの駅でエレベーターとエスカレーターが設置されていますが、これは高齢化社会になって、それが必要になったからです。さもなくば足腰の弱った老人達は都会で公共交通機関を利用出来ないからです。

ホモ・サピエンスは知恵のある人と言う意味ですが、老人は多くの知恵をもつホモ・サピエンスです。同時にホモ・サピエンスは二本足で動き回る動物ですが、老人は不自由な二本足をもつホモ・サピエンスです。

こうしてエレベーターとエスカレーターはホモ・サピエンスの良き友となりました。
(以上)
スポンサーサイト



【2014/06/21 16:36】 | 文明 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<猫と犬の飼育は実用に始まり愛玩に終わる | ホーム | 梅雨空に明るい花菖蒲>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/638-613862e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |