FC2ブログ
桜の花を訪ねて 3 奈良の桜 吉野の山
1.吉野下千本桜-17D 1404qtc
写真1 七曲り坂辺りの下千本桜
2.金峯山寺-09D 1404qtc
写真2 金峯山寺付近の中千本桜
3.吉水神社:一目千本-03D 1404qt
写真3 吉水神社境内に一目千本の看板が立ててあり、吉野千本桜が一望できます。
4.吉野中千本・上千本・奥千本桜-02D 1404qc
写真4 吉水神社境内から見る中千本・上千本・奥千本桜

日本人が最も愛していた花は、昔は梅でした。日本人にとっての「花」が梅から桜に移るのは、平安時代になってからと言われます。

吉野の山に桜木が沢山植えられるようになったのは平安時代になってからです。吉野山は、熊野三山へ続く山岳霊場の北の端にあたり、平安時代にこの地で修験道が盛んになりました。その修験道の御本尊、金剛蔵王権現の像を桜木で彫ったことから、桜木が神木となりました。爾後この地で桜木が沢山植えられるようになったというのが通説です。

しかし信仰の力だけで、このように膨大な桜で覆われた吉野の山が誕生したとは考えられません。発端は信仰であったかも知れませんが、山裾から中段の斜面へ、更に上段の斜面へと、人々が急峻な山肌に桜木を植え続けたのは、平安人が桜を愛したからと考えるのが自然です。

植えられた桜木の花の色は、白に近い淡い色ですから、春になると吉野の山は雪をかぶったように全山が真っ白に見えます。その美しさに魅せられて、紀友則は次のような和歌を詠んでいます。

   み吉野の 山べにさける 桜花 
     雪かとのみぞ あやまたれける

吉野の山桜の開化は、春の訪れと共に、山の斜面を登っていきます。世に言う桜前線は、九州から北海道に向かって日本列島を水平に北上しますが、ここ吉野の桜前線は、山の斜面を下から上へ移動します。桜前線は、白い大波がうねるように山の斜面を登っていくのです。

吉野では桜木の多さを「千本」という言葉で表します。下千本とは吉野山の七曲り坂辺りの桜を言い、中千本とは金峯山寺の総門である黒門辺りの桜を言います。上千本と奥千本は吉水神社境内から見渡すことができる桜です。吉野の山では桜前線は七曲がりから逐次金峰山へ、吉水神社へ、高城山へと登るので、夫々の千本桜の群花を同じ時期に観賞することはできません。(写真1、2)

しかし満開の桜から三分咲きの桜までを同時に観賞するのであれば、吉水神社の境内から眺めるのが良いでしょう。ここは中千本、上千本、奥千本の群花を一望できる場所です。下千本の桜は満開でしたが、中千本は五分咲き、上千本、奥千本は三分咲きというところでした。(写真3、4)

桜の全てを語るときには、吉野山の桜を見にいくと良いでしょう。
(以上)
スポンサーサイト



【2014/05/27 13:05】 | 発見する | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<鮎は食してよし釣ってよし | ホーム | 写真展「スピリチュアル・ワールド」を観て>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/633-129440dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |