FC2ブログ
梅は咲いたか 桜はまだかいな
1.桜-16P 89q
写真1 奥多摩 山桜
2.三春の花-11P q
写真2 福島県 三春の枝垂れ桜
3.梅-02D 1002q
写真3 府中市 郷土の森にて
4.梅-02Pt
写真4 奥多摩 吉野梅郷にて
5.モンタージュ:梅-01P 93t
写真5 皇居東御苑にて
6.梅-20P 96t
写真6 皇居東御苑にて
7.梅と雪-01Pt
写真7 東京 新宿御苑にて
9.梅林-14Pt
写真8 奥多摩 吉野梅郷にて
8.梅と人-06D 1002qr
写真8 府中市 郷土の森にて

「梅は咲いたか 桜はまだかいな」は江戸端唄の一節ですが、花に対する江戸時代の人々の気持ちを簡潔にあらわした歌詞です。古来、日本人は梅も桜も愛しましたが、梅の咲くのを見て桜に憧れる気持ちはよく分かります。

冒頭の端唄の文句にもあるように、江戸時代に花見と言えば桜の花見を意味しましたが、奈良時代の花見は梅の花でした。日本人が梅の花見より桜の花見を好むようになったのは平安時代以降とのことだそうです。桜で有名な奈良の吉野山の千本桜は平安時代以降に植林されたことからも、それが分かります。

確かに桜の花には華やかさがあります。しかし、昔の日本人が愛した梅の花には桜と違った美しさがありました。それは静かな美しさです。未だ寒気が残っている早春の空気の中で、凛として咲く梅の花の美は静謐さの美です。

華やかさを誇る桜の美は、全山を覆う山桜のように桜花のヴォリュームで表現されます。或いは、桜の美は巨大な桜の古木の堂々たる容姿で表現されます。人々は桜の細部にはこだわらず、山全体、樹全体としての桜花を愛でるのです。
(写真1、2)

しかし、静かな梅は、数本の梅の木に数輪の花が咲いても、十分にその美を表現します。人々は屈曲した梅の枝振りや、梅の花冠と花弁の形などの細かい所に美しさを発見します。ひと枝でもよいし一輪でもよいのが梅の花ですから、庭に梅を一本だけ植えて、花が楚々と咲いているところを静かに観賞しても良いのです。(写真3、4)

また、桜の花は自然の中で常に主役になりますが、梅の花は周囲の景色に調和して美しさを発揮します。瓦屋根をバックにして咲く梅の花は幻想的に見えます。雪の降る中で咲いた梅はハイライトを浴びたように浮かび上がります。雪をかぶった梅は寒さに負けない健気さを感じます。
(写真5、6、7)

そのような梅も、時には大きな梅林となって野山を埋めることがあります。梅林は梅の実が梅干しや梅酒として食用になるから大量に栽培しているのであって、桜のように観賞するための林ではありません。しかし、梅の林には、群生しても桜とは違った静寂さがあります。更に、梅には桜にはない香りがあります。梅林の中を歩いていると、そこはかとなく漂う梅の香りに酔うことができます。(写真8)

梅林としては、関東では埼玉県生越(おごせ)町の越生梅林、東京青梅市の吉野梅郷が有名です。梅林が花盛りになると人々は観賞に集まってきますが、桜の花見のように飲めや歌えやではなく、静かに香りを楽しみながら赤い絨毯の上で観賞しています。(写真9)
(以上)
スポンサーサイト



【2014/02/27 14:47】 | 文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<右書きの看板は歴史物 | ホーム | 野焼を禁止する愚行>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/618-a00d7c02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |