FC2ブログ
柿と富士山
                     柿と富士山

「富士には月見草がよく似合う」と書いたのは小説家の太宰治ですが、私は「富士には柿がよく似合う」と思います。

景色は形で見るのではなく心で観るものですから、富士山を眺める時の心境が、打ち明けられない片思いの時には、夕方に月に向いて咲く月見草が富士山に似合うでしょう。

しかし、晩秋の晴れた日に清々しい心境で富士山を眺める時は、真っ白い富士山の雪に浮かんで見える赤い柿の実は、最高に似合います。

富士山と柿の実の組み合わせは毎年観られるとは限りません。富士山に雪が降るのが遅かったり、柿の実が晩秋まで残っていなければ駄目です。

夏が暑くて柿の実が沢山なり、寒気が早く来て富士山の冠雪が早まると、富士山の前に柿の実が赤く舞う景色をみることができます。

富士山が世界遺産に登録されてから富士山を訪れる人が多くなりました。富士山は四季それぞれに美しさを変えます。富士山はすそ野が広くて見る場所は無数にあります。富士山には多くの湖が取り囲み景色に潤いを与えます。

これからも、折々の、場所毎の、富嶽百景をご覧にいれます。
(以上)
スポンサーサイト



【2014/01/05 12:36】 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<富士山は冬が旬 | ホーム | 日本瓦は優れた造形品>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/606-169ce156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |