FC2ブログ
多様に姿態を変えるススキ
  1.富士山-15P 93t
  写真1
  2.五色沼-11P 96q
  写真2
                 3.すすき-03P 84t
                 写真3
                 4.すすき-02P 86t
                 写真4
                                5.すすき-08P 87t
                                写真5
                                6.すすき-01PAt
                                写真6

花は多様な色彩と形態で変化に富んでいますが、ススキは白一色で、種類はあっても立ち姿や穂の形は似ているので見ていて単調な植物です。花は盛衰の変化があって盛りの時期ははっきりしていますが、ススキには盛りの時期はないので、見頃の時期を話題にする人は少ないです。

しかし、単調で変化の少ないススキにも、よく見ると微妙で興味ある表情の変化を発見します。それらは僅かな違いであり、徐々に現れるので、注意深く観察しないと見逃します。それだけに人の知らないススキの表情を見出したときは嬉しいものです。

初夏にはススキが穂を出して、すくっと立ちます。穂に花が咲く前のツイッとした細い穂先は軽やかで爽やかです。細い目の人をススキのような目をしてると喩えるのは、その爽やかさを褒めているのです。(写真1、2)

やがてススキに花が咲き、穂が膨らみます。頭が重くなったススキは斜めに傾き、周囲に会釈しているようす。太陽に当たってつやつやとした色で風にそよぐのはこの頃です。ススキの盛りの時期があるとすれば、この頃でしょう。

花が終わった初秋にはススキの穂は白さを増しますが、まだ膨らみを保っています。白髪になった初老の人の頭の髪のように、未だふさふさしている様(さま)に似ています。(写真3、4)

初老になったススキは、秋が深くなると白髪の穂が透けてきますが、まだ茎はしっかり立っています。ススキの一生は長いのです。初冬の寒風が吹く頃になっても背筋を伸ばして立っています。

年を越してもススキは直立不動の姿勢で佇んでいます。体の茎は枯れましたが、頭の穂は悴んだ手のように縮んで残っています。枯れても生き続けるススキの芯の強さを見せています。
(写真5、6)

ススキは素朴で地味な草ですが、多様に姿態を変える草で、古来日本人が愛してきたのが分かりました。
(以上)
スポンサーサイト



【2013/11/27 13:54】 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<目立つ大柄なススキ パンパスグラス | ホーム | ススキは水辺がよく似合う>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/600-3104ed86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |