FC2ブログ
三番瀬は生き延びる
                   船橋市三番瀬:寺本マンションより-03D 0802qr
        千葉県江戸川河口近くの海の浅瀬、三番瀬に林立する海苔ヒビ

東京湾の最奥、江戸川の河口付近に海の浅瀬があります。船橋三番瀬海浜公園から沖合3キロメートルのところにあるこの浅瀬を三番瀬(さんばんぜ)と言います。

三番瀬の広さは1,600ヘクタールありますが、その内、水深1メートル未満の極めて浅い海面は1,200ヘクタールもあり、貝類や海苔の養殖場になっています。

このような浅瀬は、嘗ては東京から千葉にかけての海辺には沢山ありましたが、臨海部が工場用地や臨海都市用地のために埋め立てられて、今ではこの三番瀬だけとなりました。

古くから海の浅瀬は魚介類の棲息所として漁師にとっては格好の漁場でした。江戸前の寿司の材料は、文字通り江戸城の前の浅瀬の海で獲れた魚でした。

しかし、都市の産業化が進むと河川から放流される汚水で海水は汚れていきました。工業用地で埋め立てられ、都市の汚水で汚されて、江戸前の漁場は消えていったのです。

今では、東京湾底の汚泥は厚く積もってしまい、その除去は難しいそうです。たとえ除去が出来ても、その作業の過程で沈殿していた有害な泥土が攪拌され、海水が汚れる被害の方が大きいと言われます。

三番瀬は、在りし日の江戸湾の姿を遺す唯一の浅瀬です。そこでは江戸時代以来の海苔栽培が今でも続けられています。一方、千葉から沿岸流に乗って流れていった海苔の種がもとで盛んになった品川沖の大森海岸の海苔栽培は既に廃れました。

三番瀬の海苔ヒビは伝統的な固定張りの網で栽培されています。この栽培方法ですと、海苔は干潮で干されて満潮で海水に浸かるので、磯の香りが特に強いと評判です。

最近、この三番瀬について自然のまま残すべきだとの新しい議論が出てきました。それは従来の臨海部開発と漁業継続の衝突という議論ではなく、この海の浅瀬が陸上の生態系を維持する上で重要な役割を果たしているという意見です。

水鳥の生息地として重要な湿地を残そうとする運動(ラムサール条約)は世界的に広がっていますが、渡り鳥たちにとっては、三番瀬は近くの谷津干潟(習志野市)と一体であることが分かったからです。渡り鳥のために三番瀬を残すべきだとの意見です。

写真は、浦安市美浜から遠望した三番瀬です。対岸には船橋市の工場や都市ビルが迫っていますが、三番瀬には海苔ヒビが立ち並んでいるのが見えます。この海苔ヒビも渡り鳥たちによって救われるでしょう。
(以上)
スポンサーサイト



【2013/09/29 21:13】 | 文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<読書は充実した人間を創る | ホーム | この頃の野菜は容姿端麗>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/593-8379fe78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |