FC2ブログ
ビルマの竪琴
                    ビルマの竪琴-03D 0908q

今はミャンマーと云う国名ですが、嘗て英国の植民地であった頃はビルマと呼ばれた国が東南アジアにあることは大抵の日本人は知っています。古い名前のビルマの方が日本人に馴染みが深いのは、竹山道雄の小説「ビルマの竪琴」が二度も映画化されたことが大きいでしょう。

日本は第二次世界大戦でビルマまで進撃し、多大の損害を被って敗退しましたが、小説「ビルマの竪琴」の舞台は敗退後のビルマです。一人の日本軍兵士が、戦死した戦友たちの霊を慰めるため僧侶になってビルマの地に残る物語です。

出版当時、自国の兵士への追悼に力点が置かれていて戦争への反省がない小説だと、見当違いの批判が加えられましたが、竹山道雄はファンタジー童話として書いたので、完全なフィクションなのです。

映画では、帰国を促す部隊員と残留する一兵士との対話が音楽を通じてなされる場面が評判になり、そこで使われた楽器がビルマの竪琴でした。

竹山道雄は、音楽が心を通わせる会話の手段となり得ること、それが同一民族内に止まらず、民族を越えて通じ合えることを描こうとしたと言われます。

この作品の映画化で有名になったビルマの竪琴は、写真にあるように舟型の共鳴胴の先端に一本の弓棹が伸びていて、その弓棹から共鳴胴に16本の弦が張ってあります。弦をはじいて音を奏でるものです。

弦をはじいて音を奏でる楽器は、世界でも最も古い楽器の一つで、最初に出現したのは西アジア(中東)だと云われています。そこから西に伝わって西洋音楽のハープとなり、東に伝わって日本では琴となり、ビルマではこの竪琴になったのです。

管楽器がおしなべて音量が大きく音程も広いのに対して、弦をはじく楽器は静かでもの悲しいものです。ビルマの竪琴も、もの悲しい音を発し、姿形も優雅な楽器です。
(以上)
スポンサーサイト



【2013/09/12 10:22】 | 芸術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<この頃の野菜は容姿端麗 | ホーム | 虫の声を楽しむ文化>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/591-d48c4d7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |