FC2ブログ
力みなぎる大木
                    樹の幹-08Pc

植物は34億年前に地球上に現れ、動物は10億年前に地球上に現れたと言われます。植物は光合成で炭酸ガスを酸素に変えて成長しますので、動物が誕生するまでの24億年間、植物は地球上に酸素を供給し蓄積し続けてきたことになります。

古代文明の多くは、大量の森林を伐採したため滅びたと言われます。それは森林というエネルギー資源を使い切ったから滅びたということですが、それだけでなく、酸素製造装置としての森林を破壊して酸素供給能力を減退させていたことにもなります。

その後、人類は先ず石炭を発見し、次に石油を掘り、今は地中からガスを絞り出してエネルギー資源とし、森林を主なエネルギー資源としなくなりました。しかし、余り多くのエネルギーを使ったので最近は地表の温度が上昇して騒ぎとなっていますが、燃焼には酸素を消費しますから、温度上昇だけでなく地球上の酸素を減少させていると騒がなければなりません。

悠久の地球の営みに比べて、人類の存在と活動は微々たるものですから、地球上の酸素が欠乏すると恐れることはないのですが、十数年ほど前、フロンガスの働きでオゾン層に穴が開き地上に届く太陽の紫外線が増えて、皮膚癌などの原因だと騒がれたことを思い出して下さい。

動物が海中から陸上に進出できたのは、有害な紫外線を低減するオゾン層が地球上を覆うっているからです。そのオゾン層の高度は、酸素濃度の上昇によって高くなったと言われます。森林が地上に供給する酸素は、動物の呼吸に必要なだけでなく、有害な紫外線からも動物を守ってくれているのです。

34億年もかけて植物が生成した酸素の層は、地球上に張りめぐらされた極めて薄い膜なのですが、地球上の動物たちにとっては、これほど必要不可欠なものはありません。そう考えて改めて天空を仰ぎ見ると、酸素に満ちた天空は急に大変重いものに見えてきました。

ギリシャ神話に、大地の果てに立って天空を支えることを余儀なくされた神アトラスが出てきます。ハイネの詩にシューベルトが作曲した「アトラス」という歌曲は、世界の悩みを一身に背負い孤独に耐えているアトラス神を、力強くダイナミクに歌い上げます。

そのアトラス神の化身のような大木を発見しました。満身に力をみなぎらせた大木です。
(以上)
スポンサーサイト



【2013/08/30 18:29】 | 発見する | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<虫の声を楽しむ文化 | ホーム | 北海道の昆布漁は夏が盛り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/587-17ced6ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |