FC2ブログ
デザインの伝統に学ぼう

人々は昔からデザインを考案して使用してきました。過去に作られた建築物や工芸品には、多くの優れたデザインがちりばめられています。建築物には様々な優れた様式がありましたし、そこには彫刻などの装飾が施されていました。身の回りの工芸品には様々な細工と技巧がこらされて、人々に愛用されていました。

デザインも日々改良され洗練されているから、過去のものより現在のものが優れていると云う人がいますが、果たしてそうでしょうか?

何千年も前の建築物を見て、現代の私達がこれを再現できるだろうかと疑うことがあります。古代の遺跡からの出土した工芸品を見て、こんなにモダンなデザインがあったのか、と驚くことがあります。

時代と民族が生み出した諸々のデザインを、私達は伝統的遺産として受け継いでいます。その伝統的デザインから学ぶことは大事だと思います。

文学の世界では、古典を大事にします。文学者が古典に学ぶとき、古典をそのまま全体として受入れることではなく、古い形の中に埋もれた真実を拾い出すのだと云います。その真実が現代の文学に溢れている虚飾を暴くのに役立つからだと云います。

同じ事は、デザインの世界でも云えます。昔のデザイン表現は、素朴で単純ですが、その奥に真の美が隠れています。日々生み出されている現代のデザインの美は虚飾であると暴く真の美が隠れています。

伝統的デザインの中には、磨けば輝く宝石の原石が密かに潜んでいます。それを発見し、磨き上げることがデザイン創作の原点となります。
(以上)


(旅行のため暫く日記を書くのを休ませて頂きます。
一ヶ月後に日記の掲載を再開しますので、その時は、
どうぞご訪問下さるようお願い致します。)
スポンサーサイト



【2006/10/10 12:06】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<デジタルとアナログの映像 | ホーム | ビルの中のビルの街>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/57-42192c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |