FC2ブログ
ビルの中のビルの街
ビル反映-07P 02t

                         ビル反映-17P 02tc



ドイツの児童文学作家ミヒャエル・エンデに「鏡の中の鏡」という作品があります。合わせ鏡で眺めると、映像は無限に続きます。果てしない映像の連鎖には神秘な世界を感じます。

ビルに映ったビルの映像を見ていると、実像と虚像の合わせ鏡を見るようで、何か神秘的な感じになります。高層ビルは確固不動のものではなく、揺らぐ蜃気楼のように見えます。ビルに映った映像が本物であり、実物は影であるとの錯覚に陥ります。

高層ビル街の谷間を歩きながら互いに映し合うビルの映像を見ていると、もう一つの高層ビル街が存在するように感じます。それは揺らぎながらも美しい光景です。街路に人一人無く、車一台もなければ、これは異次元の世界です。

耳を塞いで、上を向いて、高層ビル群の谷間を一人歩いてみませんか。
(以上)


お気に召したら 人気blogランキングへ
スポンサーサイト



【2006/10/08 10:30】 | 発見する | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<デザインの伝統に学ぼう | ホーム | 土地への執着が美を壊す>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/56-155a0db8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |