FC2ブログ
写真は感情を表す芸術
1.水の陰影-07D 1301q
写真1
2.水の陰影-11D 1301q
写真2
3.水の陰影-13D 1301q
写真3
4.水の陰影-16D 1301q
写真4
5.水の陰影-23D 1301q
写真5
6.水の陰影-26D 1301q
写真6
7.水の陰影-30D 1301q
写真7
8.水の陰影-27D 1301q
写真8

アメリカで近代写真の父と言われたアルフレッド・スティーグリッツは、ヨーロッパで学んだ写真芸術を母国アメリカに持ち帰り、初めは絵画的な写真を撮っていましたが、後にアメリカ的な現実を被写体に選んで有名になりました。(例えば冬の駅馬車)

スティーグリッツが妻のオキーフを被写体として撮った一連の写真が評判となった時、それは被写体の所為(美しい)だと批判されて、それではと、誰もが見慣れている空に浮かぶ雲を被写体に選び、雲の連作を発表して、写真の価値は被写体の所為で決まるものではないことを示しました。

そのスティーグリッツは、写真は思想や感情を表す芸術だと言っています。その意味は、被写体は写真家の芸術する心を刺激するものであり、写真家はそこで生まれた思想や感情を映像として表現するのだと言うことです。

人は環境によって良くも悪くもなる様を、「水は方円の器に従う」水の性質に喩えますが、水の特筆すべき性質は、その変容の柔軟さではなく、光を反映する素晴らしい能力にあります。それは「器に従う」というような受け身の性質ではなく、周辺の風景を積極的に描き出す能力です。そして水面そのものが芸術品に変化する能力です。

写真を撮る人の多くは経験していることですが、撮影に出かけて川や湖沼に出会うと何か心弾む気分になります。それは風景の中で水が最も強くカメラに反応する被写体だからです。

冬の夕陽が落ちて、空に未だ薄明かりが残っている頃、下町を流れる運河の水面は、突然精妙な絵画に変わります。偶々通りすぎた小舟が作り出す波紋は、水面の色に濃淡をつけ、流麗な曲線となって広がります。(写真1、2)

その水面に僅かな風が当たるとさざ波が立ち、その流麗な曲線に波動を刻みます。曲線がメロディであれば、さざ波はリズムです。
(写真3、4)

小舟とそよ風が奏でる水面の音楽の波紋は、次第に滑らかになって、両岸に広がり、やがて暮色の中に消えていきます。
(写真5、6)

そこへ、水鳥二羽が飛び入りしました。光る波紋の筋を通路と見たのか、その波紋のなかを静かに進んできます。やがて流麗な波紋に沿って並んで泳いでいきました。(写真7、8)
(以上)
スポンサーサイト



【2013/01/26 12:37】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スチル写真とムーヴィーの違い | ホーム | ブランドと美人投票論>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/549-e7bb6f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |