FC2ブログ
街路の美観と建物の輪郭線

都市が美しいと言うとき、人々は先ず街路の美しさを指します。
どのような街路が美しいかと問うと意見が分かれます。西欧的な整然とした街路を美しいと見る人もいますし、猥雑ではあるが活気溢れる東洋的な街路に魅力を感じる人もいます。美醜と好嫌は人夫々ですが、街路は公共物ですから多数の人にとって美しく好かれるものにしたいものです。

「街並みの美学」という本を書いた芦原義信氏は言います。
西欧では個人の住宅でも、都市や街のような公共的な外部の秩序の一部であるという考え方があるのに対し、日本では住いは家庭という私的な内部の秩序であるという考え方であると。

確かに日本人は自分の家の中を美しく飾ることは熱心ですが、家の外側がどう見られているかには、それ程関心はありません。まして、周囲の風景が自分の家の存在でどう形成されているかについて配慮する人は少ないでしょう。

同じ著書で芦原義信氏は次のように言います。
街路を形成するのは両側に立ち並ぶ建築物であるが、複数の建築物の外観には二種類ある。一つは建物の外壁が造る景観であり、これを第一次輪郭線という。もう一つは建物の外壁の突出物や付加物が造る景観であり、これを第二次輪郭線というと。

そう言えば、西欧の都市の建物は面(つら)を平面的に合わせるよう並んでいますが、日本では都市の街路に建つ家々は道路に対して凸凹です。自分の建物を周囲と調和させる意識が低いためです。

また、土地の区画が街路に直角でないため、街路に合わせるのではなく敷地に合わせて斜めに建てるので不規則な街並みが出来上がります。農地では水田の区画形状を統一する耕地整理が行われていますが、既存市街地でそのような区画整理が行われた話を聞きません。

近頃、沢山建設される超高層ビルが不規則な向きでモザイクのように立ち並ぶ姿は、世界の奇観になるでしょう。

人々の好みが違うのですから、都市のすべての街路を西欧のように第一次輪郭線で整然と統一せよとは言いませんが、一つの街路に第一次と第二次の二つの輪郭線が混ざっているのは、どう見ても美しくありません。このような街路が生まれたのは、自分の家は自分の好き勝手という日本の悪い意識の所為です。

西欧では地域によって、建築しようとする他人の建物にも景観上の観点から注文をつける習慣があり、法制度上もそれを担保している国もあります。街路の景観は公共物であり、土地や建物への私権は制限さるべきものとの考え方が、西欧都市の美観を造り出し、それを維持しているのです。
(以上)


街の通り-06P 94q
第二次輪郭線の街路

お気に召したら 人気blogランキングへ
スポンサーサイト



【2006/09/28 08:11】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<土地への執着が美を壊す | ホーム | 外人モデルの撮影会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/54-65aec65e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |