FC2ブログ
カエデの紅葉とイチョウの黄葉
1.もみじ-04D 1112qt
写真1
        3.上山城から-03D 0810qtc
        写真2
                 2.秋の木立-03P 03qt
                 写真3
                       4.黄落-02D 05
                       写真4
                             5.銀杏並木-07D 05qr
                             写真5
                                   6.三渓園-36D 0712qc
                                   写真6

秋になり降り注ぐ太陽光が少なくなると、落葉樹は太陽光による葉緑素の光合成を休止します。そうすると、葉緑素の持つ緑色が薄れて、葉は赤くなったり黄色くなったり茶色になったり変色します。

秋になって葉が赤くなるのは、ご存じのようにカエデ科に属するモミジです。モミジの葉が赤くなるのは、葉に沢山の糖分を蓄えているからだと言います。因みにカナダ産のメープルシロップは有名ですが、これはサトウカエデの樹液を濃縮したものです。(写真1)

イチョウやケヤキなどの葉は、赤くならずに黄色や茶色になります。これらの木々の葉には糖分が少なく、葉緑素の生産が休止すると、素地の黄色や茶色の色素が表面に現れるのです。
(写真2、3)

葉緑素の生産休止は、同時に木の成長の休止です。成長に役立たなくなった葉は、エネルギーのロスを防ぐため木から落とします。俳句の季語に「黄落」という言葉がありますが、晩秋にイチョウの葉が落ちる様を表現した熟語です。(写真4)

モミジの落葉は汚く縮れますが、分厚いイチョウの葉は落ちても形を変えません。イチョウの葉が地面に落ちて積もり、黄色い畳敷きのようにふかふかした道を歩くのは楽しいものです。(写真5)

イチョウは黄落の最盛期を過ぎても尚楽しめますが、モミジは真っ赤に染まった最盛期か最も美しいです。しかし、未だ一部に緑の葉が残っている早い時期にもモミジの不思議な魅力があります。ツートンカラーのモミジのグラデーションを味わって下さい。(写真6)
(以上)
スポンサーサイト



【2012/11/27 22:27】 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<色公害の判断は難しい | ホーム | 高齢化の時代の微笑ましい光景>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/537-6a8fd688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |