FC2ブログ
スカイツリーとゲートブリッジ その共通性
                  1.スカイツリー:十間橋-01D 1205 qrc
                  写真1 墨田区押上の十間橋から見たスカイツリー
                  2.ゲートブリッジ-19D 1205q
                  写真2 江東区若洲側から見たゲートブリッジ
                  3.世界貿易センタービル眺望-09D 0802qtc
                  写真3 世界貿易センタービルから見た東京タワー
                  4.東京港:レインボーブリッジ-01D 1005q
                  写真4 東京港からみたレインボーブリッジ

今年(2012)東京では5月に東京スカイツリーがオープンしました。また2月には東京ゲートブリッジが開通しました。塔と橋では働き方に違いはありますが、巨大な建造物が東京の街に続けて誕生するのは、東京の街に活力が戻る前兆です。なにしろ塔は634メートル、橋は2600メートルの巨大さです。(写真1、2)

この二つの巨大建造物は夫々先輩が居ます。スカイツリーの先輩は東京タワーであり、ゲートブリジの先輩はレインボーブリッジです。このたび竣工した二代目の建造物を初代と較べてみると、その姿形の変化に共通点があります。それは、両者共に初代が流麗な曲線美であるのに対し、二代目は剛直な直線美であることです。
(写真3、4)

装飾を省いて合理的、効率的な建造物を造ることは、ある意味で時代の要請なのでしょう。19世紀末にフランスでアール・ヌーヴォー芸術の曲線美がもてはやされた後に、20世紀初めにドイツでバウハウス芸術の機能美が生まれたのも、時代の要請でした。

しかし、この時代の要請とは別に、二代目のスタイルが初代と変わった原因には、二代目の建造物の建設現場に大きな制約があったことが挙げられます。

スカイツリーはその敷地面積が極めて狭隘であったので東京タワーのように四方に足を伸ばすことが出来ませんでした。そこで、東武鉄道の業平橋という駅構内の狭い敷地内に五重塔の心柱の原理を応用した、地震と風に強い電波塔を建てたのです。

電波塔は公共財でもあるので、本来ならばスカイツリー建設は一私企業の採算事業として行うのではなく、公的資金を投入して広い建設用地を確保すべきでした。世界一のっぽの機能的なスタイルの塔と評価する意見もありますが、一本足で直立した電信柱のような印象を与えます。

また、ゲートブリッジは羽田空港の離着陸航路に近いのでレインボーブリッジのような吊橋式の背の高い橋は造れませんでした。そこで橋の荷重を支えるのにトラス構造を採用しました。

トラス橋には裁荷弦が橋の上にある上弦式と、橋の下にある下弦式があります。離着陸航路の邪魔にならないためには全て下弦式にするのが良いのですが、東京港への船の通路を確保するため橋の真ん中部分は上弦式にしました。そのため橋は上弦式と下弦式が組み合わされた独特な形になりました。戦っている恐竜のように見えるので、恐竜橋とも言われます。

二つの建造物の名前は公募によって決められたとのことですから、そのネーミングは都民の趣味を表していますが、いずれも英語をカタカナで表記したものになりました。初代の塔も橋も英語のカタカナ表記でした。

スカイツリーもゲートブリッジも日本の土木建築技術の粋を集めて造られた個性的な建造物です。そうであれば、その名前も無国籍なカタカナ表記ではなく、日本の地名などを入れた個性的な名前にして欲しかったと思います。
(以上)
スポンサーサイト



【2012/05/26 09:50】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<豊かに表現する樹皮 | ホーム | ゲートブリッジと巨岩のアンサンブル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/507-60ba097a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |