FC2ブログ
美しい桜花 幽冥の境を行く
          モンタージュ:桜-02P 92q
                            さくら花びら-40D 1204q

宗教を信じる人々は、死ねば幽冥の世界へ旅立つと信じています。この世に妖精が居ると信じる人々は、草木もこの世とあの世を往来していると考えます。

妖精たちは、嘗て地上に生育した草木が、枯死してのち幽冥に生き続ける霊的存在と見るのです。そして、妖精たちは地上の草木を守護する霊的存在と見るのです。

西欧では妖精の存在を信じる人々はいますが、妖精神話は西欧がキリスト教化される前のケルト族の思想であって、キリスト教では妖精の存在を否定します。もし認めても妖精は人間の霊魂よりも劣後の存在とします。

しかし、万物に神宿るという日本の伝統的思想では、人間も草木もこの世で同じ次元に生きる存在であり、死後も霊的存在として共に生き続けると考えます。

更には、日本では自然物だけでなく人工物にも霊的存在を認めて供養する習慣があります。針供養は折れた縫い針に、筆塚には使い古した筆に感謝を込めて、その霊魂を祭り上げる行事です。

このように霊的存在を信じるようになれば、美しく咲いたあの桜の花びらにも霊的存在を感じても不思議ではありません。今、散りつつある桜の花びらは幽冥の世界に行く途中なのです。
(以上)
スポンサーサイト



【2012/05/12 10:35】 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ゲートブリッジと巨岩のアンサンブル | ホーム | モミジは二度紅葉する>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/505-07575f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |