FC2ブログ
横浜大桟橋は異空間の世界
  1.横浜大桟橋-06D 1201qtc
写真1 鯨の背中を思わせる大桟橋の屋根
            2.横浜大桟橋-16D 1201qtc
       写真2 木造デッキは異空間を演出する。遠くの大きな橋は横浜ベイブリッジ
                        3.横浜大桟橋-09D 1201qt
                   写真3 夕陽を浴びて暖かさを益す屋上の芝生
                                   4.横浜大桟橋-27D 1201qt
                          写真4 横浜大桟橋の上に満月はゆっくり昇る。

日本では公共の建造物は大抵平凡な形をしています。東京都の庁舎のように豪華な例外もありますが、大抵はデザインなどの外見にお金を掛けず、実用主義の簡素な建造物が多いのです。

ところが、横浜港の大桟橋は、そのデザインに目を見張るものがあります。全体の容姿が通常の建築物とは大きく異なり、極めてユニークな形をしています。(写真1)

日本の海の玄関だからということなのでしょう、横浜桟橋を改築する際にその設計について国際コンペに掛けて、見事に個性的な大桟橋を建造しました。

愛称は「くじらのせなか」と言うのだそうですが、成る程と思いました。建造物の屋根はうねるような局面で覆われていて、その上を歩くと、正に不安定な鯨の背中の上に居るようです。(写真2)

人間は坂を前後に上ったり下ったりすることには慣れていますが、それに左右の坂が加わると、誠に歩きずらいものです。この鯨の背中では不思議な平衡感覚の変化を感じますが、このような空間を専門用語でトポロジカルな空間と言うそうです。

また、建物の内部も柱や梁がなく、階段ではなくスロープを使うなど、横浜大桟橋では日常経験できない異空間を楽しむことも出来ます。

それと同時に、大桟橋の屋上が木造デッキと芝生で覆われていることも、コンクリートと鉄の世界から解放された暖かさがあります。(写真3)

この横浜大桟橋は国際客船ターミナルとして建造されたので、大型客船が複数同時に着岸できます。クイーン・エリザベスII(7万トン)クラスの客船でも同時に2隻が着岸できるそうです。

因みに、日本郵船の豪華客船クリスタル・ハーモニーを日本人用に改造した飛鳥II(5万トン)は、横浜港を母港としています。

飛鳥IIが出港する少し前、丁度夕月が横浜大桟橋の上に昇り始めました。夕陽を浴びて大桟橋の芝生が暖かそうな色に変わり、その先に赤みがかった大きな月が見える光景は、本当に幻想的でした。(写真4)
(以上)
スポンサーサイト



【2012/04/26 22:21】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<モミジは二度紅葉する | ホーム | 桜の不思議な魅力>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/503-4f2e4fff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |