FC2ブログ
街角の張紙芸術 コラージュと言えるか
                       1.貼り紙-05D 1104qc
                       写真1
                       2.貼り紙-07D 1104qc
                       写真2
                       3.貼り紙-10D 1104qc
                       写真3
                      4.オペラシティビルからの眺望-05D 1201qr
                      写真4
新聞や布きれ、その他の印刷物、壁紙の一部、プリンント写真などを「切り貼り」することによって作られる近代的アートを「コラージュ」と言います。コラージュとはフランス語で「糊づけ」の意味です。

コラージュという芸術は、表現方法ではなく制作手法のことですから、貼り付ける物は立体的な物まで含まれます。従って、コラージュは絵画と彫刻の境界を消滅させたと言われます。

山下清は「ちぎり紙細工」から「貼り絵」画家になりましたが、山下清の貼り絵は制作手法としてはコラージュですが、世間ではコラージュとは言いません。と言うことは、コラージュは「貼り絵」ではないので具象を描くのは難しく、表現する内容は抽象的内容になるからからです。

コラージュで表現する中身は千差万別で何でも有りに見えますが、貼り付けられたものの部分と部分の構成に意味を持たせて、全体としての構図に感動や興味を感じさせるのがコラージュ作品なので、何でも有りとは参りません。

そう言えば抽象画に「コンポジション」という名前をつけた絵がありますが、これらは具象の形態のエッセンスだけ取り出して見せると言う手法で、より強い感動を与えました。コラージュの表現方法をいち早く実践したのはキュビスム時代のパブロ・ピカソやジョルジュ・ブラックであったと言うのは頷けます。

正直言って、抽象画が分かり難いように、コラージュも鑑賞の仕方が難しいです。コラージュ作品を見て風景画や美人画のように一瞥して引き入れられることはありません。美術館でコラージュを見て一体全体何を表現しようとしているのか首をかしげながら眺めることが多いです。

コラージュに対する私の理解はその程度ですから、ふと街角で目にした落書きのコラージュは、子供還りするカオスの好きな大人達の遊び心と見て写真に撮りました。(写真1、2、3)

そしてふと思ったのです。新宿のオペラシティ・ビルの高層階から俯瞰した東京の街は見事なコラージュ作品ではないかと。(写真4)
(以上)
スポンサーサイト



【2012/02/24 21:22】 | 芸術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<氷の結晶の美しさ | ホーム | 北半球への大型寒波の襲来に思う>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/490-d1b4570f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |