FC2ブログ
鳩の求愛
                    1.鳩-01Pqt
                    写真1
                       2.鳩-03P 86qt
                       写真2
鳩は雀とともに人間の生活圏に住み込んだ身近な鳥です。優れた帰巣本能を持つ鳩は、伝書鳩として飼育されますし、何よりも平和の象徴として愛される鳥です。

人の話によりますと、鳩は求愛に関しては不器用だとのことです。先ず、鳴き声が美しくありません。
「ぐるぐるポー、ぐるぐるポー」と聞こえる愛の呼びかけは、恥ずかしくて口ごもっているようです。
鶯の鳴き声のようなメロディとリズムがありません。

求愛する丹頂鶴は優雅なダンスを踊りますが、鳩の雄は求愛のとき雌の周りを頭を下げてグルグル回るだけで、その姿は不器用です。
折角立派な鳩胸を持っているのですから、胸を張って雌に迫れば良いものをと、歯がゆくなります。

雄が雌のために籠のような巣を造り、その巣に熱心に雌を誘い込む場面をテレビで見たことがあります。
人間の世界を連想して、寅さんではありませんが「男はつらいよ」と言いたくなりました。
しかし、鳩は横着な鳥で巣作りには熱心でありません。嘗て我が家に住み着いた野鳩は、雄がベランダの植木鉢の中に僅かな藁を引き込んだだけで、雌が卵を産んで雛を育てていました。

歌声もダンスも巣作りも駄目な鳩でも、いざその時になると素晴らしいキッスシーンを見せてくれることがあります。雄と雌の姿態から愛情の深さが分かります。(写真1)

さらには、雄鳩は人に恋することもあります。一羽の野鳩は女性像の胸に飛びつくのを見たとき、羨ましいなと思いました。(写真2)
(以上)
スポンサーサイト



【2012/02/05 21:23】 | 発見する | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<つららは三寒四温が作る宝石 | ホーム | ドキュメンタリー写真の力>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/486-8fb76b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |