FC2ブログ
白黒の写真

評論家スーザン・ソンタグは云います。
「多くの写真家達が依然として白黒の映像を好む本当の根拠は、絵画との暗黙の比較があるからである」と。

そのことは否定しませんが、それは西欧人の感覚であって東洋人、中でも日本人は絵画との比較で白黒写真を好む訳ではなく、日本の文化的背景とそれを生んだ自然環境の所為だと思います。

文化的背景として、日本には長い日本画の歴史があり、その中心は水墨画でした。勿論、日本の水墨画は、中国から伝来した水墨画を学んで発達したのですが、その後、室町時代の画家、雪舟は3年間ほど明(みん)に渡り絵を学んで帰国し、そこには求める師はいなかったと述懐しています。この時期には、中国伝来の水墨画は日本で独特の発展を遂げ、日本の伝統に組み込まれていたのです。

日本の水墨画では、描く対象は当然日本の自然であり風物です。日本は温暖多湿な亜熱帯モンスーン地帯に属し、空気は年間を通して湿潤です。春の霞、秋の霧が風景を柔和にします。色彩はグラデーションのある中間色が支配します。これは鮮明な色彩感覚よりもモノクロームの世界に馴染むのです。

日本人が撮影した近代写真の作品では、シャープさよりソフトな形態を求め、白黒やモノトーンの色彩が好まれました。この感性あるいは好みは、日本列島に住み着いた日本人が自然から学んだ美感なのです。

日本人の感性を別にしても、冒頭のスーザン・ソンタグの意見に対して次のようなことが言えます。白黒の映像は、絵画に対する写真の自己主張に止まらず、それ以上の美的表現を含んでいます。白黒写真には色彩を捨てた単純化の迫力があります。それは光と影と捉えることに関して完璧な写真は、白黒だけでものの本質を描き出す力があるからです。

掲載した写真は、バルセロナの街を散歩していたとき路傍で見つけた、水を処理するマンホールの蓋ですが、何の変哲もない光景でも、モノトーンの写真は別の世界に作り変える力があります。
(以上)


バルセロナ-02Phtq


お気に召したら 人気blogランキングへ
スポンサーサイト



【2006/08/29 08:50】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ユニバーサルデザイン  傍流から本流に | ホーム | 絵と文字との境界線>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/48-d6ba3dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |