FC2ブログ
長い影の季節に思う
                       人影-33P 96tc
                       人影-37P 96tc
                    落葉-01P 94tc

秋深くなると、木々の影は長くなります。道行く人々の影も長くなります。

暗い日陰が多くなると、太陽の当るところが目立ちます。明るさで隠されていたところが改めて表に現れます。

濃淡が混ざり合う光景は複雑になります。見えないものが見えてくるだけでなく、複雑な新しいものが見えてきます。

写真家は、順光より斜光を、斜光より逆光を好みます。それは光景が複雑になり、見えないものが見え、更には新しいものが見えてくるからです。

晩秋から冬にかけて、風景は写真の写りがよくなるのです。自然だけでなく、人間も写真写りが良くなります。

下手な腕で撮られても、フォトジェニックな自分を発見するでしょう。
(以上)
スポンサーサイト



【2011/11/23 16:23】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<秋の風景は日本人の好み | ホーム | 雲は巧まざる造形家>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/472-532c296d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |