FC2ブログ
続 黴が描く絵
黴の造形の魅力に惹かれて、再度前回と同じ場所に黴の撮影に出かけました。今回は三脚を持参して万全を期したのですが、生憎台風前の雨降る中でしたので、メリハリのある写真は撮れませんでした。しかし、梅雨も過ぎた秋になっても、新たな黴の造形は進展しているのを発見しました。

黴は巧まざる自然の造形家であると思われる写真を下に掲げます。(写真5、6、7は黴と苔のコラボレーションです。)
 


1.黴-36D 1109qc
写真1
                 2.黴-37D 1109qt
                 写真2
                                   3.黴-39D 1109qt
                                   写真3
                  4.黴-40D 1109qc
                  写真4
5.黴と植物-32D 1109qt
写真5
                  6.黴と植物-34D 1109qt
                  写真6
                                    7.黴と植物-33D 1109qtc
                                    写真7

上の写真を見て感じるのは、空に浮かぶ雲に似て、黴は造形の天才だと思うのです。黴は夫々の領地を拡げながら、ぶつかると、時には手を結び、時には避けて、変幻自在に領地を拡げます。その結果、出来上がる領地の造形が大変面白いのです。

黴の本体は、先にも申したように菌糸と呼ばれる糸状の細胞から構成されているのですが、集団で増殖するとき、大きな生き物に変身して、一つの意志を持つのかのようです。その意志を知りたいと思い、じっと黴を眺めるのです。

黴が描く模様の中には動物や昆虫が潜んでいます。それを発見するのも楽しみの一つです。と思うと、複雑な造形の中にある不思議なリズムがあることに気づきます。それは私の想像の産物に過ぎないのですが、音楽を聴くように静かな感動をもたらします。

皆さんも具象探しやリズム探しをして見ては如何ですか?
(以上)
スポンサーサイト



【2011/09/22 17:21】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<街の色空間にもっと関心を | ホーム | 黴が描く絵>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/460-e2dfa312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |