FC2ブログ
日本の家屋 襖と障子戸とガラス戸
                                 烏山寺町:妙寿寺-02D 0805q
                                 妙寿寺の庫裏 全景 
          烏山寺町:妙寿寺-06D 0805q
          妙寿寺の庫裏 
          一階の廊下外側にはガラス戸と障子戸が併せて設置されている。

障子(しょうじ)戸は字義通り遮る戸のことです。従って、昔は襖(ふすま)戸のことを障子戸と言いました。今の障子戸は平安時代に「明かり障子」として襖戸から分離したものです。

障子には、襖ほどの遮断性はありませんが、さりとて外を見通せる透明性もありません。しかし障子には、部屋の内側を外気と遮断しながら、明かるさだけを取り込む働きがあります。何故なら白い紙の障子には、光の拡散効果があるからです。

昔、部屋と部屋の間の仕切りや目隠しをする家具に御簾(みす)がありました。高貴な人を直接見ることは失礼ということで、御簾越しに面談することが天皇家や貴族の間では良く行われていたそうです。

障子は、御簾に似ていますが、目隠しをするよりも、明かりを採り入れることが目的でしたから、部屋と部屋の間ではなく、外界と部屋の間で使われました。しかし、障子戸は雨に弱いので、廊下の外側に雨戸を、廊下の内側に障子戸を設置しました。

明治時代にガラスが輸入されると、雨戸の代わりにガラス戸が使われるようになります。ガラス戸は音と熱を遮断しますが光は通します。それで障子戸は不要になったかと言うと、さにあらず、依然として廊下と部屋を仕切るのに障子戸は使われ続けました。

それは障子戸が通す光は、ガラス戸が通す光とは違って柔らかだからです。透明なガラスにキズを着けた曇ガラスは、障子戸の光の拡散と同じ効果を狙ったものですが、やはり障子戸には敵いません。

しかし障子戸では、戸を開けないと外界が見えません。そこで、ガラス戸と障子戸とを併せて取り付ける家屋も現れました。素通しで外を見たいときは障子戸を開け、柔らかな光を求めるときは障子戸を閉めるのです。

その家は世田谷烏山の妙寿寺の境内にありました。それは僧侶が居住する庫裏(くり)と言う建物です。この庫裏は明治時代の政府高官の屋敷であったものを移築したものだそうです。その一階の廊下の外側にはガラス戸と障子戸が併せて設置されています。(写真1、2)

日本列島は雨は多いですが寒冷地ではないので、家屋を建てるとき壁よりも屋根を重視します。従って、西洋建築では熱を遮断する壁は省略できませんが、日本建築では壁のある場所を色々な遮蔽物で仕切ることができます。

四季の変化に富んだ日本では、部屋の仕切りにも変化に応じた手段が用意されており、今なお日本建築には襖と障子戸とガラス戸が同時に使われているのです。
(以上)
スポンサーサイト



【2011/07/27 16:49】 | 発見する | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<折紙細工は日本の文化産業 | ホーム | 教会建築は進化する>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/452-afea558c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |