FC2ブログ
廃墟姿も装飾の内
                        銀座三原通-02D 1102q
                        写真1 銀座三原通りにて
                     自由が丘廃屋-02D 1101qt
                     写真2 東京の自由が丘にて
                     自由が丘廃屋-03D 1101qr
                     写真3 東京の自由が丘にて

お客相手の商売では外観の見栄えを良くします。況して、食べ物屋は豪華とはいかなくても小綺麗にします。楽しく食事をさせるには、それが当然だからです。

ところが、人々の注目を惹くためか、逆にわざと汚して薄きたなくする店も偶に現れます。その極端なレストランや飲み屋を東京で見つけました。

一つのケースは、東京のど真ん中の銀座です。流石そのレストランは銀座でも裏通りにあるのですが、それでも広い道路に面しており、建物の前面は鬱蒼とした木々に覆われた、入口は狭く、室内は薄暗い異様なレストランです。(写真1)

もう一つのケースは、モダンで瀟洒た町並みを売りにしている自由が丘の街です。果たして現在営業しているのか疑わしい程荒れ果てていましたが、もし今は廃業していたとしても、営業当時も汚れを売り物にしていた店に違いありません。(写真2、3)

これらの店で食事をしたわけではありませんので料理の善し悪しは知りません。しかし、外国での昔の体験ですが、このような外観のレストランは、概して料理は美味しいと記憶しています。

30年余り前の古い話になりますが、タイに滞在していた頃、バンコックの市内に化け物屋敷然とした西洋料理屋がありました。ハンガリー人が経営していた店で、鹿肉料理を売りものにしていました。

手探りで歩くような薄暗い室内には装飾らしきものは殆どなく、来客から受け取った名刺を部屋の壁じゅうに貼って装飾としていました。しかし、料理は美味しいので何時も来客はあって、繁盛していました。

同じくバンコックでの経験ですが、タイの芸術大学の教授に昼食に招待されたとき訪れたタイ料理のレストランは、古色蒼然とした古いビルの3階にありました。

そのレストランにはエレベーターはなく、3階まで階段を上がる途中の天井には蜘蛛の巣が張っていて、部屋の窓の扉は壊れていました。その経営者は、むかし王宮の料理長だった人だそうで、流石に料理の味は一流でした。

そうしてみると、飲食店は外観で判断してはいけないので、店の外観には費用を掛けず、中身の料理で勝負する店を選ぶ方が賢明なのかも知れません。廃墟姿は奇をてらったのではなく、料理に専念した結果だと言うわけです。

そう言えば、古色然とした店が新しいビルに転居して綺麗な店になったので訪れてみると、料理の味が落ちていたりすることもありました。外観より中身が大事なのは、何も飲食店に限りませんけどね。
(以上)
スポンサーサイト



【2011/02/25 10:21】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<これが本当のパブリック・アート | ホーム | 春の雪に喜ぶ木々たち>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/422-fa1c9119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |