FC2ブログ
春先の花を襲う雪
                     梅と雪-01Pt
                  福寿草-01Pt

冬は日本海側では大雪が降り、太平洋側では晴天が続きます。このような気象条件が定着したのは極めて古く、一万年ぐらい昔からだと聞きました。

そのころ地球の温暖化によって海面が上昇し、暖流の一部が分岐して対馬海峡を通って日本海に入って来るようになりました。

暖まった日本海の海面にシベリヤ寒風が接触すると、海水は水蒸気となって上昇し、水蒸気を含んだ雲が日本列島の山脈にぶつかり、冬期に大量の雪を降らすようになったのだと言うのです。

縄文時代に日本列島はブナの森林で覆われていたそうですが、水分を大量に必要とするブナがそのように繁茂できたのも、冬期に大量の雪が山に降り積もり、春にかけて徐々に流れ出すお陰なのだそうです。

それに引き替え、太平洋側には乾燥した風だけがやってきます。シベリヤ寒風の水分はすべて日本海側の山脈に落とした後だからです。その結果、太平洋側では天気は良いのですが空気がカラカラに乾燥しています。そのため火事や風邪に悩まされます。

しかし、太平洋側でも雪は降ります。降雪が少ないのは冬期の前半の12月と1月の時期で、春が近づく2月、3月になると、時々雪は降ります。その頃になると別の低気圧が日本列島の南東を通過するからです。

その低気圧は、時には大雪を降らすこともありますし、遅く4月に襲ってくることもあります。関東地方ではこれを春の大雪と言い、農作物に良いと歓迎します。でも、春の雪は何時も突然であり、消えるのも早い雪です。

それに驚くのは人間だけではありません。咲きかけた花が一番驚きます。でも、驚いた花は一層美しく見えます。

数年前の写真ですが、雪の中の福寿草と紅梅をご覧に入れます。
(以上)
スポンサーサイト



【2011/01/30 19:00】 | 発見する | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<色は威嚇し誘惑する | ホーム | 訪日外国人が見る日本の色調>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/416-c11466ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |