FC2ブログ
シルエットの表現

シルエットは輪郭だけで対象を表現する方法です。画面にシルエットを用いると、省略と強調が同時に表現できます。シルエットのある写真を見るとき、省略された部分では想像力が働き、他方、黒い影は明るい部分を引き立てます。これがシルエット効果です。

絵画の世界では、レンブランド、フェルメールなどオランダ派の画家は陰影で光を描写しましたが、これもシルエットの効果を巧みに利用した描き方です。

写真表現では、物事を暗示したり、画面にアクセントを付けるとき、シルエットを用います。そうすることによって、写真の画面にリズムが生まれます。単に状況を説明する観光写真とはならず、見る人に感動を与える写真となります。

シルエットを用いる場合に、シルエットそのものに重点を置く場合と、シルエットを手段として用いる場合とがあります。前者ではシルエット以外の部分はシルエットの意味を強めるためにあり、後者ではシルエットはシルエット以外の部分に注意を向けさせるためにあります。

つたない実例ですが、私が試みた二つのシルエット効果を二枚の写真でご覧に入れます。函館湾の残照はご婦人たちの名残惜しさを強めます。風光明媚な芦ノ湖は紳士たちの影で引き立ちます。
(以上)

夕暮れの海-03P 99Q

函館湾残映
                    芦ノ湖-16P 95

                    芦ノ湖俯瞰

お気に召したら 人気blogランキングへ

スポンサーサイト



【2006/07/31 07:59】 | 写真論 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<都市をデザインする難しさ | ホーム | 形態と連想について>>
コメント
うちのブログのキャラクターもシルエットかしらん。
たぶんそうです。
【2006/07/31 19:23】 URL | 九賀コリン #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/41-cddc5b55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |