FC2ブログ
パブリック・アート化する都市ビル その一
De Beersビル-06D 0907q
銀座 De Beersビル
               MIKIMOTO Ginza2ビル-11D 0907q
               銀座 MIKIMOTO Ginza2ビル
                              表参道:TOD'Sビル-02D 0612q
                              表参道 TOD'Sビル


街路の歩道に彫刻などを並べたものにパブリック・アートと言うものがあります。パブリック・アートとは、道行く人に芸術を鑑賞して貰うというよりも、芸術作品で街の雰囲気を演出しようとするものと私は考えています。

この頃はパブリック・アートについて余り熱い議論を聞きませんが、初めの頃は賛否両論が起きて賑やかでした。今静かなのは、それを社会が受け入れたと言うことか、或いは議論を巻きおこす程の優れた作品がが展示されていないか、どちらかでしょう。

それ以外の理由としては、街路の両側に並ぶビルそのものがアート化したので、そのビルの前に殊更にアート作品を展示して雰囲気を醸成しなくても良くなったのかも知れません。下手に街路にアート作品を並べると、却ってアート化したビルの美が失われると言う意見です。

もともとパブリック・アートは街路の一定空間を装飾する物として展示されました。その場所は、ビルの出入口にある、ちょっとした空間とか、人々の歩く道端とか、人々が集う街角の空き地でした。

それらの空地は、よく言えば街のゆとりの空地であり、悪く言えば無駄な空地です。この頃建つ高層ビルや超高層ビルは、スペースを極力切りつめているので無駄がありません。と言うことは、パブリック・アートを展示するスペースを街中に残さなくなったと言うことでしょう。

本当はビルが高層化すれば反対に平地は広くする方が空間のバランスがとれて良いのですが、現代になるに従い、都市のスペースの効率化を求める要求が強すぎて、そうはなりません。

その代わりに、高層ビルそのものがパブリック・アート化しています。高層ビルの外観には、形や色に工夫をこらしたものが多く、街を歩くときは「上を向いて歩こう」と言う気持ちになります。

現今のパブリック・アートは、街の片隅を目線で見る彫刻ではなく、空を仰いで高いビルの美しさ眺めようということなのでしょう。
(以上)
スポンサーサイト



【2010/08/29 12:17】 | 芸術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<パブリック・アート化する都市ビル その二 | ホーム | リアリズムの限界と言うこと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/385-cc69047a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |