FC2ブログ
浸食と腐食の造形
   1.死の谷-07Pt
   写真1 カリフォルニア 死の谷
               2.浜の模様-01D 0909q
               写真2 東京湾 葛西臨海公園
                            3.風化模様-10D 0802qtc
                            写真3 東京 古刹の門

芸術作品は人間の造形の技(わざ)が創り出すものですが、風景は自然の営みが創り出すものです。絶景や奇景を訪ねると、人間の技は自然の営みには及ばないことを知らされます。

写真1の山塊の皺(しわ)は同じ風雨の作用で削られたものですが、夫々の稜線は似ていても同じではありません。一定のリズムを持ちながらも、そのリズムは単調ではありません。

写真2の砂浜の襞(ひだ)は同じ波に洗われたものですが、砂に描かれた複雑な形は皆、少しづつ違っています。類似の形が繰り返しながらも変化しています。

この自然の営みは浸食と言う現象ですが、浸食の造形には、類似のものはあっても画一的なものはありません。

浸食に似たものに腐食があります。腐食とは、自然物や人工物が錆びたり剥がれたりする現象です。風雨や光熱がもたらす化学変化や細菌繁殖の作用で腐食は進みます。

写真3の塗料の剥脱する姿は、一見して不規則で無秩序です。しかし、その破壊の中にも相似形のリズムがあります。浸食に見られた繰り返すリズムとは違いますが、腐食にもリズムがあります。

腐食ですらリズムがあることは、腐食も生命運動の軌跡だからです。浸食と腐食に共通なことは、そこを何らかのエネルギーが通り過ぎた軌跡であると言うことだと思います。

自然は色々なエネルギーの作用によって造形されていおり、エネルギーには共通のリズムがあるのでしょう。
(以上)
スポンサーサイト



【2010/07/19 10:42】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<風格のある樹木 | ホーム | 隠れた美>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/379-9e8813db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |