FC2ブログ
樹幹を見る
樹木-27Ptc

          香取神宮-12D 0805qc

                  樹の幹-08Ptc


                       樹木-49D 1002qt

                                  新宿御苑-89D 0904qtc

人々は森の中を散歩するのが好きです。
心理学者は、狩猟採取時代に人類が長い間、森の中を放浪していた記憶が甦るからだと言います。科学に詳しい人は、森の中はマイナスイオンに満ちているので、森を歩くと精神的にリラックスするからだ言います。

しかし、感性豊かな人は言います。森を歩くのが好きなのは、潜在意識やマイナスイオンの所為ではない。森は母親のように人を暖かく抱擁してくれるからだと言います。

森や林や公園を歩くとき、私はその感性豊かな人になりすまして、一本一本の樹の樹幹を観察します。樹幹は一番表情豊かな部分です。色彩に深みがあります。形状が千差万別です。

樹幹は、樹木の生育に必要な水分と、地中の栄養素を枝葉に送る重要な役目を果たしています。葉は毎年交代しますし、枝は数年で変化します。しかし樹幹はその樹の毎年の成長を記録し、歴史を残しています。

樹幹が魅力あるのは、主幹のある大木だけではありません。地面から複数の枝が直接簇生する灌木も、一本の樹幹に劣らぬ魅力があります。代表的な灌木はツツジや萩などですが、背の高い灌木には姿形の良いものがあります。

元々、灌木は生命力の強い樹です。切っても切っても生えてきます。里山に灌木が多いのは、その生命力の強さ故です。里人に絶えず燃料を供給し続けたのは灌木でした。

ここに、私が格好良いと思った樹幹の写真を掲げます。それぞれが個性的です。
(以上)

スポンサーサイト



【2010/06/12 12:34】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カメラ好きの日本人 | ホーム | 写真は実物よりも美しく>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/370-958149e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |