FC2ブログ
美しい街は長く栄える
                      祇園-09P 94c


栄えていても街が美しくなると言う保証はありません。しかし美しい街は必ず長く栄えます。何故なら、美しさは人を引き寄せるからです。外見の美しさを軽く見てはいけません。

漫談家の綾小路きみまろのトークに、次のようなフレーズがあります。
「奥様、人間は 顔やカタチじゃありませんよ! 顔やカタチで人を判断する人は心の貧しい人です!! 一番大事なものは 見た目です!」
そこで、みんな爆笑します。

アメリカの社会学者リチャード・フロリダは、その著「クリエイティブ都市論」の中で、街にとって見た目の美しさが大切だという調査結果を得て、都市も見た目が決め手だと述べています。

見た目を重視する考えに人々は反撥します。しかし綾小路の漫談に爆笑で応えた聴衆は、建前の裏にある本音に同意したのです。男は40歳を越えたら、自分の顔に責任を持て、と言ったのは米国大統領のリンカーンでした。心の内面の成長は顔に現れることを指摘した言葉です。

そうであれば、街を見た目で判断することは間違っていません。街の表情は街に住む人々の心が現れたものだからです。美しい街には美しい心の人々が住んでいます。人は美しい心の人に惹かれます。

司馬遼太郎は、日本の都市で美しいと言えるのは京都だけである、それ以外で挙げるとすれば萩と倉敷くらいだろうと、あるエッセイで述べていました。その理由としてこれらの都市に秩序が行きわたっているからだとも述べています。

その秩序こそ、その街に住む人々が造り上げるものです。街の秩序は、長年そこに住む人々が、街は自分達の共有財産であるとの意識を持つから維持されるのです。京都の街路にゴミ箱がないのは、共有財産の街路を醜くしたくないという考えからだと、司馬は述べています。

よそ者が絶えず出入りする東京や大阪のような大都市では、よそ者によって秩序は破壊され続けます。流入するよそ者の多くは、働き場を求めて都市に来るのであって、良き住み心地を求めて来る訳ではないのです。

しかし、働く場所が同時に住み心地も良い場所であることは理想です。知的活動に従事する人々は、住み心地が良い場所を求めます。住み心地がよい場所では知的活動は促進されるからです。住み心地のよい都市は必ず美しい都市です。

これからは、秩序感覚のある住人たちの住む美しい街で、知的生産が行われる時代になります。
かくして、美しい街は長く栄えるのです。

写真は京都の古い通りです。
(以上)
スポンサーサイト



【2010/05/12 11:29】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<そのままでは自然は風景とはならない | ホーム | 季節の衣替え>>
コメント
Re: 成程と・・。
ブログ「年寄りの想い」の作者からのコメントだと、今知りました。
遅ればせながら、コメントへのお礼を申し上げます。
自然と花の美しいブログ「年寄りの想い」には時々訪問して楽しんでいます。
最近掲載されたノーゼンカツラの妖艶な色合いは真夏の季節によく似合います。
【2010/07/10 22:01】 URL | wakowphoto #-[ 編集] | page top↑
成程と・・。
今日は。

何時もご来訪有難うございます。

時時、拝読。

年を取って、長い文章を読むことが辛くなりました。
難しいのも駄目です。

こちらの文章は優しく書かれて居て、助かります。
御尤もと同意する内容が多く、安心して入れます。

街の美しさは街に秩序があるから・・。
御尤も・・。

団地一つだって、秩序のあるなしで、団地の美観は変貌します。
【2010/05/22 12:22】 URL | ijin7wth2 #7ozVZe.w[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/361-e17cf03c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |