FC2ブログ
白木蓮は孤高の花
1.白木蓮-04Pt
写真1
          2.白木蓮-17P 94t
          写真2
               3.白木蓮-07Pt
               写真3
                         4.木蓮と菜の花-02Pqt
                         写真4
                                   5.白木蓮-01Pqt
                                   写真5

白木蓮(ハクモクレン)は、梅が終わり、桜が始まる前に咲く花です。大柄の真っ白な花びらは人目を惹きますが、何故か日本では梅や桜ほどの人気が湧きません。

原産国である中国では、白木蓮は品格のある高貴な花とされています。花言葉も崇敬とか高潔です。花言葉のように、どこか近寄りがたい風格があります。

梅や桜は、蕾は丸くで可愛らしさがありますが、白木蓮は蕾の頃からツンとしていて孤高の気位を感じます。
(写真1)

開花しても、分厚く幅広い花びらは、上を向いたまま半開きです。花びらは大陽が昇ると開き、沈むと閉じます。白木蓮は何処かおすまし顔の花です。(写真2)

白木蓮は大木に成長します。下から見上げるとパラパラ咲いた風情は、白鷺が枝に止まっているように見えて、華麗です。(写真3)

隣に紫木蓮を従えて、菜の花畑に立つ白木蓮は、女王の風格があります。白木蓮の白色は、紫や黄によって弱められるのではなく、却って際立って見えます。(写真4)

陽が沈み夕闇が迫るころ、野山にただ一本だけ咲き誇る白木蓮は、孤高の花の貫禄を示します。(写真5)
(以上)
スポンサーサイト



【2010/03/25 18:49】 | デザインする | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<美しい桜の木の下で | ホーム | 落書きとパブリックアートの境界>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakowphoto.blog61.fc2.com/tb.php/353-c74210c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |